FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらを向くのは…?
会議通訳してると時々聞いてる人がこちらを見ている事があります。見られると、『私なんか変な事言ってる?』っと不安になりますまぁ実際のところ自分でも何言ってるのはわからん時とか、あまりにもつらすぎる状況で、『ごめんなさい、カンベンしてください』なんて時もあります。でも自分ではちゃんとやってるつもりなのに、こちらを見られると、『なっ何?何~?』っとパニクりそうになりながらも通訳しているときもあります。

理由はいろいろあって、
チャンネルが間違ってる場合 (ってか致命的すぎますが…
マイクに息がかかりしすぎて聞きづらい or
 マイクから離れすぎて聞こえない
聞き手自身が疲れ果てていて耳だけでなく通訳の顔または口をみて理解しようとしている
たまにパナのマイクロフォンのコードがしたまで差し込まれていない

(まぁその他、単に女性に挨拶したい、とか、ちょっかい出したい、とかいうような不届きなケースも稀にありますが)・・・・ま、大まかにこんな感じ。って思っていたのだが、最近新たな理由発見。そういえば、前回の記事にも書いた同じエクスパットなのだが、私のほうを見ていることがある。とはいってもあまり悪い意味ではなさそうだな・・とは思っていたのだが、あとで私の通訳に何か問題があるかどうか確認してみた。

そしたら、まずは『全然問題ないよ。大丈夫。you are doing great』といいつつ、なんで私のほうを見るのか自分でもあまり意識していなかったみたいで、ふぅむ、と考え始めた。そしたら、普段は実際に自分に話しかけている相手のほうを見ているのだけど(日本語だからわかるわけじゃないけど)、時々ふと、『自分が理解できている英語を話しているのは、実は通訳者だ』、という事実を思い出して、敬意を表してそちらをみるのかもしれない、とのこと。

ほほぉ、そんな理由があったとは。でもそんな風にみるのはこの会社ではその人だけかなぁ。でも悪い意味じゃなくてよかった。しかもそんなふうに自分をちゃんと認識してくれることは、本来透明人間であるべき通訳者ではあるけど、嬉しいことです



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さるチーズさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
大学院で通訳を学ばれたんですね、ブースでの実践もあるだなんてすごいですね。
不安な気持ちは完璧にぬぐいきることはできないかもしれませんが、緩和できるくらいの自信をつけるべく、これからも精進したいと思います。
また遊びにきてくださいi-236
2009/09/01(火) 00:58:56 | URL | かんな [ 編集]
その気持ちわかります。私は大学院で通訳を学び、ブースに入って実践したことがありますが、聞いてる人が後ろを見るたびに不安になりました。私もたまに後ろを見て誰が訳しているのか興味深く思ったりすることがあるので、お互い様だとは思いますが。私は全然プロ通訳でもありませんが、通訳はある意味本当に神業だと思います。
2009/08/30(日) 11:31:29 | URL | さるチーズ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanna.blog6.fc2.com/tb.php/842-ca253528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。