FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声の大きさ
私の外国人の上司は、自分のメッセージを伝えることを非常に重要視します。上司の意図を正確に伝えるべく、中身はもちろんのこと、それ以上に、「聞かせる」通訳をするよう、声のトーンや大きさ、抑揚など、英日はかなり気を使っています。

普段は日英のほうが多く、ほとんどの場合パナガイドを使用しています。英日については大体逐次でやっているので、ほとんどはパナガイドはなしで地声。まあ、日本人の方も多いのでそんなにパナを用意できないってのもあるんですが。ということで、日英は大体ひそひそ声で、英日はちょっと声を大きめにして参加者全員に聞こえるようにしています。(人数が多いとかなり声を張り上げる必要があってきついときもありますが)

長い会議が多いので、いろんな人に通訳のヘルプをお願いすることがあるのですが、この「声の大きさ」に無頓着な人っているんです。ちょっと考えれば分かることだと思うのですが、困ったことに意外に誰もができるわけでもないのですよね・・・。ひどい人だと日英のほうがばかでかくて、英日がぼそぼそになっちゃう人もいて、逆だよ~~~~~とはらはらすることも。私と交代すると、ものすごい勢いで英語をしゃべりはじめるのに、いざ上司が英語を話し始めて英日になったら、ぼそぼそ・・・っておいおい、それじゃみんなに聞こえないよ~~~~。ってね。日本語より英語のほうが元気がでちゃうってのはなんとなく気持ちはわかりますけどね(笑)、でも通訳としてはNGだと思うんです。聞く人がいるからこそ、通訳という職業が成り立つわけですから、状況に応じた、そして通訳を聞く人の立場にたって通訳をできるようになりたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanna.blog6.fc2.com/tb.php/825-844df9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。