FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
first American in 13 years
ロスで行われている世界フィギュア選手権。男子は熾烈な争いが繰り広げられた。私としては、やっぱり大好きなBrian Joubertを応援していたのだけれど、13年ぶりにアメリカに金メダルをもたらしたEvan Lysacekの演技は、本当に非の打ち所がない素晴らしいものでした

ショートもフリーもノーミスで完璧な演技。すべてのポイントがプラスの評価。特にフリーは見るものの心を奪ってしまう見事なすべりでした。当人も演技が終わる前から興奮していて、最後のスピン出回りながら、腕を振り回している姿は思わず笑ってしまったけれど、それがまた良かったな。見ている観客の興奮もさらに煽られていて、演技が終わるずいぶん前からすでにスタンディングオベーションが始まっていた。ああいうシーンには私は弱くて、ついつい涙がこぼれてしまいます

そのあとに滑ったBrianには、Evanを超えるような演技を期待していたけれど、残念ながら、完璧とはいえなかった。最後の最後で痛恨の転倒してしまい、本人も後悔の念が残った様子で、ただただ呆然という感じだった。完璧な演技がトレードマークみたいな彼だけに、ちょっとこのところぱっとしないけれど、きっと次回いい演技をしてくれるんじゃないかな、と期待しています

日本勢も小塚君、織田君、無良君も大健闘しましたね。まずはオリンピック3枠獲得おめでとう織田君はショートでは勢い余って激突(笑)、フリーではコンビネーションジャンプの数を間違えちゃうというアクシデントが続いたものの、初めて試合で4回転を降りれたことは、とっても良かったなって思います。とってもきれいな4回転トーでした。舞い上がりすぎちゃったみたいだけど、でもあのうれし泣きが出来るほどに自分に納得できた演技を出来たことが、きっとまた次の演技につながることでしょう。よかったね、織田君。小塚君はだいぶ緊張していたみたいで、演技が固かったけど、5位はすごいすごい無良君もジャンプが良く決まって見事な演技でした。今後がますます楽しみ日本の男子フィギュア選手の層も、ほんとに厚くなったなぁって改めて痛感しました。

ちなみに2位のPatrick Chanは、特にすごくファンというわけではないけれど、彼のスケーティングは、ほんと~~~~に洗練されていて、なめらかだなぁ~ってむちゃくちゃ感心しちゃいます。みてるだけど、うっとりするような雰囲気をかもしだすんだな。すべての動きがまさに「流れるような」演技だと思います。カッチリ正確に決めていく、っていう感じのBrianとはある意味異なるのかもしれません。

さて、次は期待の女子ですな。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanna.blog6.fc2.com/tb.php/823-0d6e9eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。