FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ABC] stem cell
肝細胞を利用した移植手術 Nov 20, 2008

Four months after surgery, doctors say Claudia Castillo is doing great, breathing normally and taking none of the drugs most transplant patients need to prevent their bodies from rejecting a new organ.

Four years ago, she was crippled by a bout of tuberculosis which destroyed the section of her windpipe leading to her left lung.

They took stem cells from her own bone marrow and used them to grow her a new piece of windpipe in the lab.

After seven weeks, it was implanted near Claudia Castillo's lung.

You're using the patient's own cells, so there is absolutely no chance of rejection.

Researchers say stem cells are important, because they can be used to grow almost any other type of cell in the body.

《字幕》
医師団によると 手術後4か月のこの女性(クラウディア・カスティヨさん)は元気だ
(普通に呼吸をし、)移植手術後に(ほとんどの移植患者)が投与する、(新しい臓器に対する)拒絶反応を抑える薬も必要ない

4年前 この女性は結核が原因で  左肺に続く気管の一部を損傷した

本人の骨髄から幹細胞を取り出し 研究室で(新しい)気管を培養した

7週間後には左肺の近くに移植した

患者自身の細胞なので 拒絶反応が出る可能性は皆無です

各種の細胞の培養を可能にするため 幹細胞は重要だ

Keyword: stem cell: 肝細胞

daring experiment: 大胆な実験
transplant : 移植
crippled: 体が不自由になる、~に陥る、見舞われる
bout: 発作、一時的な
tuberculosis: 結核
windpipe: 気管
the section of her windpipe leading to her left lung: 左肺に続く気管の一部
bone marrow:骨髄
grow:培養する
implant:移植する
rejection:拒絶反応
organ transplant:臓器移植
:

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanna.blog6.fc2.com/tb.php/794-d70dd70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。