FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小悪魔通訳
先日行われたとある会議。ほとんど日本人で、外国人は数名だったんだけれど、英語ベースで会議が行われ、一人英語が微妙な方のために私は通訳をしました。会議の参加者はほとんど顔見知りの人だったのだけれど、数名知らない人がいて、そのうちの一人が私の隣にすわったのだけれど・・・・・・・会議の間ずっと私のほうに寄りっぱなしなんです。会議室が狭かったのもあるのだけれど、逆にはもちっとスペースあるのに、私側のこの距離は不自然なんですが・・・・

「この人は私の通訳を聞こうとしているかしら?」とおもいました。パナガイドを使ってぼそぼそと通訳していたので、パナなしで私の地声を聞くには、相当近づかないと聞こえなかったおもうし、あの近づき加減からして絶対そうだったような気が・・・。いえ別に聞くなって言うわけじゃないんだけれど、何も言われてもいなかったし、あまりに近寄ってくるものだから、さすがにか・な・りuncomfortableで超やりずらかった・・・。狭すぎて資料も見づらいし、メモも取りづらいし、んもぉ~

予備の受信機持ってたのだけれど、通訳聞きたいとおもっているのか100%は確信もてなかったので特に聞ききませんでした。でもたぶん聞いても、いらないって言ったかもしれないな。というのも、以前他の社内通訳と一緒に参加した会議で、今回とは別の人だけど、ある人のことを、「某氏はいつもパナガイドは絶対に使わないんだけれど、地声で聞こえてくる通訳を聞いているよ」って言っていたことがあったのね。それが自分自身を叱咤激励するためなのか、単なる見栄なのかは不明だったけど、話のそぶりから後者のような印象を受けて(笑)。

まあ、今回の方もそういう人かはわからないけれど、頼まれたわけでもないし、な~んとなくあまりいい気分がしなくて、知らない振りして、近づかれば近づかれるほど、声を小さくして、若干意地悪目になってしまったわたくしでした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanna.blog6.fc2.com/tb.php/756-b1098b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。