FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
二者択一 / either-or
首相官邸発行の内閣メールマガジン。
小泉首相のときに始まったときから購読していますが
これ、なかなか役に立っています。
英検1級二次試験勉強にも活用しました。

安部首相を経て現在は福田内閣。

今日発行メールマガジンのタイトルは
二者択一を超えて / Moving beyond either-or choices

<気になった単語をいくつか>
新待機児童ゼロ作戦  "zero-waiting list for nursery schools" strategy
待機児童 waiting list for nursery schools
生きがい sense of fulfillment
団塊ジュニア世代 the members of the second baby-boom generation
育児休業 childcare leave
保育ママ childcare moms
スポンサーサイト



Join the club
DESPERATE HOUSEWIVES - 03.16 - MY HUSBAND, THE PIG

Rex: "My name is Rex Van De Kamp. I always hated cemeteries when I was alive. Now that I'm dead, I like 'em even less. Here's where I used to live...a whole lot nicer, don't you think? The place hasn't changed much since I left...as tasteful and tidy as ever. Everything perfect...at least on the surface. My family was the same way. Look at us. You'd never guess how ticked off we all were the day this was taken, but that was the thing about us Van De Kamps. To really fit in, you had to have a smile that gave away nothing. Like my son Andrew...to look at him, you'd never know he spent six months on the streets supporting himself with panhandling and light prostitution. Or my daughter Danielle...does she look like the kind of girl who'd seduce her middle-aged history teacher? I mean, they're my kids, and I love 'em, but I'm pretty darn relieved to be dead. Here's the clown Bree replaced me with...Orson. I don't mind saying, he's creeped me out right from the get-go. To me, he always has the shifty look of a guy who knows where the bodies are buried...and he should know. He buried them. But Bree thinks he's Sir Galahad. The kids like him. And all my friends...now, his friends. So it pleases me to know that at least one of my old neighbors sees right through the guy. No, Orson Hodge isn't exactly the guy I'd have picked to head my family, but I'll give him one thing...he's got the smile down cold."

レックス:僕の名前はレックス・バンデキャンプ。生きてるとき墓地は嫌いだった。死んだ今はもっと嫌いだ。ボクがすんでいた家。お墓よりずっといいでしょ。趣味のよさも、きれいさも、僕が暮らしていたときのままだ。全てが完璧・・・とりあえず見た目は。これは家族にも言える。この写真、全員はらわたが煮えくりかえってるとはとても見えない。これぞバンデキャンプ家の真骨頂。内面と切り離した笑顔が作れないと、家族にはなれない。例えば、息子のアンドリュー。どこをどう見ても半年間路上で物乞いや男娼まがいな事をやっていたとは思えない。娘ダニエルも然り。歴史の中年教師を誘惑するような娘に見えます?僕にとっては可愛いわが子だけれど、死んでてよかったというのも本音。こいつが僕の後釜の同系。オーソンだ。はっきりいって、最初から怪しい印象をぬぐえなかった。死体が埋まっている場所を知っている、そんな悪党に見えたんだ。埋めた張本人だから、知ってて当然だが。でもブリーは、高潔な騎士だと思っている。子どもたちも懐き、僕の友達も、今はこいつの友達。唯一の救いは、こいつの本性を見抜いている隣人が一人だけいること。そう、オーソン・ホッジは僕の家族を託したい男ではない。でもこれだけはいえる。無感情な笑顔は、一級品。



panhandling 物乞い
little prostitution 男娼まがいな事
※男娼っていう言葉をしらなかったよ・・・
from the get-go 最初から
shifty うさんくさい、不審な、ずるがしこい

Victor: "Oh, no. Did I forget to s...I'm so sorry. Let me make it up to you. I'll take you to dinner. My treat."
Gabrielle: "It would be your treat. I'm a hot date. What's in it for me?"
Victor: "Well, I have, uh, "an ingratiating wit, trustworthy smile," according to the "Plainview Herald.""
Gabrielle: "Yeah. Check, please."
Victor: "My family also owns Lang Enterprises. Dad's worth a...few hundred mil."
Gabrielle: "Well, a girl's gotta eat."
Victor: "Great. I'll take you to Cucina. There's no place harder to get into."
Gabrielle: "That's what you think."

ビクター:参ったな、サインを忘れてる。失礼しました。お詫びがしたい。食事しましょう。おごります。
ガブリエル:美味しいのはそちら。いい女だもの。私のうまみは?
ビクター:そうだなぁ、私の売りは、ウィットと笑顔。そう新聞に書いてある。
ガブリエル:あっそう、サインして。
ビクター:あとは・・・親父が持ってる会社かな。親父は億万長者だ。
ガブリエル:じゃぁ・・・折角だから。
ビクター:よかった。クッチーナに行こう。入りにくさは天下一だ。
ガブリエル:それはどうかしら。


What's in it for me? 私にはどんな利点があるのですか?

Austin: "Are you sure?"
Danielle: "Yes. I peed on five different sticks. Would you put that burrito away? It's making me nauseous."
Austin: "Join the club.

オースティン:絶対か?
ダニエル:ええ、検査薬5本つかったもん。そのブリートとっかやって。吐き気する。
オースティン:おれも吐きそう。


join the club 同じ境遇だ。/こちらも同様[同じ状況]だ!


scot-free
DESPERATE HOUSEWIVES - 03.15 - THE LITTLE THINGS YOU DO TOGETHER

Ian: "Um, excuse me. These things don't belong to Jane."
Nurse: "Are you sure?"
He holds up a .
Ian: "Oh, every couple has their secrets, but I'm pretty sure she wasn't a closet whittler."

イアン:あの、これジェーンのものじゃありません。
看護師:ほんとに?
イアン:夫婦に秘密はつきものだが、木を掘っていたとは思えない。


whittler 木彫り職人
whittling knife 木彫りナイフ

high chair 幼児いす、子供用のいす

Bree: "What about your mother? After all the things she's done, she's just gonna get off scot-free?"

ブリー:お母様はこのままなの?あんなに罪を重ねたのに、罰を受けないの?


scot-free 〔支払い・罪を〕免れて、害を受けないで

scrumptious
デスパレートな妻たちには、本当に色々な単語が詰まっています。
勉強になるわぁ。勉強チックになって、心からドラマを楽しめてないかもしれんけど(笑)

DESPERATE HOUSEWIVES - 03.14 - I REMEMBER THAT

"...... But the memory he most wanted to reclaim still eluded him. That's why he had gone to see a hypnotherapist, so that he could finally remember everything."

しかし、一番肝心な記憶はまだかすんだまま。だから催眠療法を受けることにしたのだ。何もかも全て思い出すために。


hypnotherapist 催眠療法士

Gabrielle: "Oh. Well, why don't you try it out?"
Man: "That's okay. I can wait till you get off."
Gabrielle: "Oh, that'll happen a lot faster if you just hop on board."
Man: "I'm sorry?"
Gabrielle: "It was a...shameless sex joke. I was flirting with you."
Man: "Oh! Right! Sorry, I can be a little densdense. Can we start over?"
Gabrielle: "No. Moment's gone. You killed it."

ガブリエル:そう、じゃあ試したら?
男性:あなたが行ってからにします。
ガブリエル:あら、一人じゃ私・・・なかなか行かないかも。
男性:なんです?
ガブリエル:いや・・・忘れて、お下品なジョークよ。気を引こうをしたの。
男性:ああ!そっか、ボクちょっと鈍いから。やり直さない?
ガブリエル:いい。その気だったのしぼんじゃった。


get off 〔異性を〕喜ばせる、いかせる 
 ※ガブリエルが「なかなか行かないかも」の部分は、
  直訳すれば「飛び乗ってくれたほうが早く行けるわよ」という感じだけど、
  逆に訳してて上手だなぁ~。

dense 鈍感な、鈍い、気の利かない

Zack: Uh, I'm gonna get out of your hair.

ザック: じゃぁ、ボクはこれで退散する


get out of someone's hair ~を悩ませない、イライラさせない、邪魔にならない

Gloria: "Knock it off, Alma. I will make Orson come around."
Alma: "I don't believe you anymore. She's got her claws in him, and she's not letting go."

グロリア:はやまらないで、アルマ。オーソンのことは私にまかせて。
アルマ:そんなのもう信じられない。あの女が首根っこおさえて、もう一生はなさないわ。


get one's claws in ~につめを立てる、~へ攻撃を加える、捕まえる

Lynn:" Listen, um, if you ever need to talk, I'm here. Why don't you stop over some night for a home-cooked meal?"
Ian: "Oh, that...that's very kind of you, but I wouldn't dream of putting you out."

リン:よかったら、一度うちに来て。手料理ご馳走するわ。
イアン。そ、それはご親切に。でも気持ちだけ受け取っておく。


put someone off 迷惑をかける、

Lynn: "Oh, look at him. Even in mourning, the man is scrumptious."

ああ、みてあれ。こんな席でも彼っておいしそう~。


scrumptiousとても[ほっぺたが落ちるほど]おいしい[うまい]、優美な、すてきな、素晴らしい

funeral parlor 葬儀場
embalming room 死体処置室
takes a crucifix and some garlic 十字架とにんにくが要る
聞こえてるけれど反応できない
今朝の早朝ミーティングは結構長くかかって、8時から始まって、途中数分トイレ休憩があったものの、終わりは10時半近くで、ほぼ2時間半ずっと一人で通訳でした。朝一番だから、まだ体力も全然残っていてすぐには疲れなかったけれど、さすがに2時間フルで頭がまわすことは無理でした。やっぱり1時間10分ぐらいたったあたりから、ちょっとぼっとしてきて、聞こえているんだけれど、なんだか頭がすぐに反応してくれなくて、すぐに通訳できない自分が・・・・

そこからまだまだ1時間以上続いたんですが、どうにか持ちこたえたものの、やっぱり所々ではっと気づくと『やばい、コンマ2秒くらいどっか行っちゃってた』って言うようなときとか、通訳者は私しかいないのに何故か他人事みたいになってしまっている自分がいて(笑)、何度と無くききなおしたりすることはありました。やっぱり集中力がそんなに持つわけが無いんですよ~そういえば、金曜日も結果的に2時間くらいずっと通訳してしまった時間があったけれど、先週は怒濤の1週間でしたから、かなぁ~りつらかったです。そんなときに限って、もうその話はもう済んだのよ、ってことを何度も何度も何度も繰り返す人がいたりするわけで、なかなか人生ってうまくいきません
意外に元気
今日は6時間テニス。以前は6時間だろうと8時間だろうとそれ以上だろうと、もしくはそれが続こうとも気にもせずやっていたのですが、それが去年くらいからでしょうか、4時間以上もしくは、土日どっちもテニスを長時間やると、かなり体が堪えるようになってきましたががーーん(笑)

まぁそれはともかく、過酷な一週間を終えたあとだったので、今日の6時間テニスはかなり不安があったので、ぼちぼちやらせてもらうつもりでいました。でも意外や意外、元気。最後のゲームだけは代わってもらいましたが、あとは全部普通にこなせました。よかったよかった。

でも仕事がめっきり忙しくなって、今年に入ってから特に今月はテニスへの情熱がちょっと冷め気味だったのよね。週末に雪が必ずふっていたのも理由なんだけれど、頻度もかなり下がっていた。スクールには行っていたけれど、1時間半だけだし、人数も多いからガシガシやる雰囲気でもないから、今日6時間やったのって、長時間という意味ではかなり久しぶりだったな。おかげで足の親指の付け根が痛いやちょっと体がなまっていた証拠だな。

しかし今日は風が強かったよぉ~午前中は暖かで、今日は暑いくらいのテニス日和かななんて思っていたのが、時々曇り始めたとおもったら、風がどんどん強くなっていって、最後には砂嵐のようになっていました

明日は所用が入っていてテニスはなし。今月土日どっちもテニスした週って1回もないやうわあ~さぼりっぱなしだな。やばいな、春になってから後悔しちゃうかな。平日のテニスは金曜の夜くらいだから、今月はあと最後の日にできるか出来ないかだけだな。うげ、今月7日かしかやってないことになるから、週2以下じゃん。うーまずいな。3月はもちっと真面目にやりたいところだが、来月も所用がなんだかんだとぼろぼろ入っているのだなぁ・・・。うーん、ますます下手になってしまうかもぉ~


3人体制
終日の会議などの通訳は、社内の他の通訳者のかたにヘルプに来てもらってます。社内がだめな場合には外注。先週から特に終日会議が続いていたのですが、社内通訳者もみな出払ってしまったいたので、立て続けに社外の方に来ていただきました。私はまだ駆け出しなもので、いわゆる通訳業界の常識を心得ていなかったのですが、終日通訳の場合は3人体制が普通なんですね。二人体制での終日依頼を出すと躊躇されてしまうようで、コーディネーターの人が頭を悩ましています。それを考えると、私の前任者の人はずぅっと一人で終日の会議でも何でもこなしていたというのですから、型破りも度を越えすぎたスーパー強靭通訳者だったんだと再確認しちゃいます・・・(笑)まあそれは置いておくとして

とはいえ終日一人体制は尋常ではないので、私が今のポジションについてからは、長い会議の場合は必ず二人体制にしてもらっています。とはいえ『三人体制』とまでなると、さすがに会社も『う~んっ』とうなり気味。費用の問題ももちろんのこと、実際のところ、こういうとちょっと失礼な言い方かもしれませんが、そこまで必要になるような大げさなものでも、カチコチの雰囲気でもないし。

今の会社では、社内で三人体制通訳を使った会議を一度だけ見たことがあります、社長・副社長・執行役員・本部長・部長らが勢ぞろいのフォーマルなミーティングだったのですが、全体の会議およびプレゼンはその3人が通訳やっていて、各部署にはディスカッションの時間を担当する通訳が別途おかれていました。私はその別途配置されたほうだったのでまだ楽でしたが、全体通訳のほうはもちろん完全同時通訳で途中で止めることなんてでるわけでもないし、かなり早口な人も多いし、わかりずらい言葉使い人もいるし、緊迫した感じでした。これだったら確かに3人は必須なのは納得。

私が部署内でやっている会議は、わからなければ途中で質問したりすることも出来ます。まぁあまり止めることないよう努力していますが、でもどちらにせよそこまで張り詰めたような緊張感はないです。なので2人体制でも大丈夫じゃないかなぁ、というのが会社の意向でもあり、私もそうは思っていました。

でもさすがに終日通訳が何日も続くと、私もホントにつらくなってきました。このところは終日会議が続いている上に、毎日翻訳もどっさりあったので、すっかり睡眠不足。その日の疲れが取れないまま次の人を迎え、どんどん疲労が蓄積されていきました。そんなもので日が経つうちに二人体制であってもかなり厳しいものが・・・・午後の後半に差し掛かってくると、だんだん思考回路も機能しなくなってきて・・・こりゃ三人体制も必要かも・・・っと思い始めてました。それか、例えば午後のあとのほうの時間は外注2人雇ってもらって、私は翻訳の仕事をやるとかにしたほうがよかったかもなぁ~っと思ったりしました。通訳って過酷な環境があるらしいので、私のなんて序の口なのかもしれませんが、でも適度な休みはないとパフォーマンスがかなり落ちちゃうな。特に私未熟ですし連続になってしまうときは今後考えたほうがよいかもしれないな。

まぁでも、とりあえずどうにか山も越えました(多分)。また来週も頑張ります
落ち着かない
仕事がますます忙しいです。もう2ヵ月半は経つんですが、落ち着きません。あまりに色々な事に細々と沢山起こっていて、それに追われています。通訳やって通訳やって、合間に翻訳やって、といつもいつも何かしら絶対仕事がある。落ち着いて色々整理したり、復習したりしたいことが沢山あるんですが、それもまったく出来ないまま、また新しいことに追われ・・・・・ってなんだかちと悪循環だなぁ。職種的に仕事が全然ルーティン化しないことはOKなんですが、ちょっと仕事量が多いのかなぁ、やっぱり。追いつけないってことは。しかも自分はあまり優先順位をつけたりすることが上手じゃないし、結構パニクっちゃうほうだからなぁ優秀な人はそれでもきちんと仕事をこなすだろうから、なんとなく自信もって「量が多い」とか「やれません」とか言えないというか、言いたくもないっていうか。でもまったく余裕ないし少なくはないんだろうなぁ。まぁそれでも頑張っているんですが、ちょっと体力が追いついてこなくなってきているかも・・・・うーむ。まぁ上司も私の仕事量に関しては懸念していて、考えてくれてるので、もう少ししたらマシになるとは思うけど
聞きたくない事
会話をしていると、こんなことありませんか?
「む」と思う言葉を相手が発した。
しかもそれを何度も繰り返す。
ききたくないのに、

何度も 
何度も 
何度も 

さすがに最後にゃ怒りに変わってきます
そりゃ私がそんなふうに思っていることは、
直接言わなきゃ分かるわけがないだろうけれど、
その内容が結構無神経な言葉であればあるほど、
「もうちょっと考えてから言葉発しろよ・・・・
と思ってしまいます。

はぁ、やばい。疲れてるんだな。最近愚痴がおおいや
ちゃんこ鍋会
今日は前職の女性陣を自宅に招いてちゃんこ鍋をしました~久しぶりに会った人もいって楽しかったよんちゃんこ鍋もインターネットで調べたレシピ(クリックを作ってみたんだけれど、かなり美味しくってみんなも気に入ってくれた。他にも付け合せでかなり色々作ったんだけれど、なかなか上手にできて美味しかった。でもみんなにかなり手伝ってもらったんだけれどね

みんなでワイワイ集まって用意して、鍋を囲んで楽しい話しながら美味しいもの食べるってほんとホントいいね~招待したはいいものの、鍋やコンロはないわ、人数座れるだけのちゃぶ台があるわけでもなく、まぁ結構準備は大変ではあったのですけれど、みんなと楽しい時間が過ごせてほんとよかった。新築の家もみんな褒めてくれて、だんなも上機嫌でした(笑)>掃除ありがとうね~。

しかし、このちゃんこ鍋、にんにくと塩で味付けしたのですが、かなりのにんにくを使ったため、現在家全体ににんにくの臭いが充満していますずっと中にいると気づかなくなっちゃうけど、外から帰ってくるとすごい。外の廊下にも換気扇からにんにくの香りがかな~り漂っていて、こりゃ近所迷惑になっちゃうかしら
Retirement
久しぶりにジョークねた。退職後って暇になるんだろうけど、こんなのありえんでも笑える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

After Mr. and Mrs. Fenton retired, Mrs. Fenton insisted her husband accompany her on her trips to Walmart. Unfortunately, Mr. Fenton found shopping boring and preferred to get in and get out. Equally unfortunately, Mrs. Fenton loved to browse. One day Mrs. Fenton received the following letter from her local Walmart.

Dear Mrs.Fenton,

Over the past six months, your husband has been causing quite a commotion in our store. We cannot tolerate this behavior and may be forced to ban both of you from the store. Ourcomplaints against Mr. Fenton are listed below and are documented by our video surveillance cameras.

1. June 15: Took 24 boxes of condoms and randomly put them in people's carts when they weren't looking.

2. July 2: Set all the alarm clocks in House wares to go off at 5- minute intervals.

3. July 7: Made a trail of tomato juice on the floor leading to the women's restroom.

4. July 19: Walked up to an employee and told her in an official voice, "Code 3 in House wares. Get on it right away."

5. August 4: Went to the Service Desk and tried to put a bag of M&M's on layaway.

6. September 14: Moved a"CAUTION - WET FLOOR" sign to a carpeted area.

7. September 15: Set up a tent in the camping department and told other
shoppers he'd invite them in if they would bring pillows and blankets from the bedding department.

8. September 23: When a clerk asked if they could help him he began crying and screamed, "Why can't you people just leave me alone!

9. October 4: Looked right into the security camera and used it as a mirror while he picked his nose.

10. November 10: While handling guns in the hunting department, he asked the clerk where the antidepressants were.

11. December 3: Darted around the store suspiciously while loudly humming the " Mission Impossible" theme.

12. December 6: In the auto department, he practiced his "Madonna look" by
using different sizes of funnels.

13. December 18: Hid in a clothing rack and when people browsed through, yelled "PICK ME! PICK ME!"

14. December 21: When an announcement came over the loud speaker, he assumed a fetal position and screamed "OH NO! IT'S THOSE VOICES AGAIN!" And last, but not least ..

15. December 23: Went into a fitting room, shut the door, waited awhile, then yelled very loudly, "Hey! There's no toilet paper in here!"

Regards, Wal-Mart


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第一の試練
今まで仕事が忙しくても、充実感だけはあったから、物理的に体力的に疲れてはいたものの、いやだなって思うことはありませんでした。私って直感は利くほうだと思うんですが、鈍感なんです。(いやそれは矛盾か・・)んー、感じ取ることは出来るんですよ。すぐにこれおかしいな、とか。でもそれがなんだかは分からないんです。で、実感するまでにすごく時間がかかって、そのときになって、「あ、あの時感じたあれはこのことだったのか」と分かるわけですな。

で、今回もなんらか色々感じ取れる要素は色々あって、なんだかは分からないけれど、きっとそのうち実感することになるだろうから注意したほうがよいぞっとは思っていたんです。でもなかなかヒットしなかったんですなぁ。同じ時期に入ったアシスタントの人はもう随分前からかなりきちゃってる様子だったんですが、私は大丈夫でした。自分でも、なんで大丈夫なのかなぁ~って不思議でした。でもとうとう来ましたよ、来ましたよ。ここにきて急に折れました

ま、でもまだ軽症です。(って自分は思ってるだけだろうか?)でも疲れを取らなければ、って感じ。今まで疲れていても気力で持っていたけど、その支えていた気力がなくなってしまって、体力的に打撃を直接受けてかなり弱ってます。今日の会議も相当疲れました。一体なんでこんなに疲れるんだろうってくらいでも本当はそれが普通くらいだったのかなぁ。ま、今後はのろ~り、くら~りととしばらくはこの試練をやり過ごすべし。だんなにもらった電子辞書みて機嫌直してます(笑)
ちょっと早いバレンタインプレゼント
昨日帰宅してホットカーペットの上でぼぉっとTVをみていたら、
何気にダンナがやってきた。
ふとみるとちょっと分厚つそうな
箱らしきものがはいったヨドバシの袋がおいてある。

     「何買って来たの
     「本」
     「本

あけてみたら、これでした



わお~
買おうと思っていたセイコーの電子辞書、SR-G10000です。
わぁ~ありがとう~

今まで使っていたのもセイコーでしたが、なんと20年落ちのもの(笑)
かなり雲泥の差です。まだ使い始めたばっかりだけど超役立ちそうで~す


ダイエット再開
しばらくおやすみになっていたダイエットを再開しました。
8キロやせたのに、3キロほどリバウンドしてるのよね・・・・
さすがにちょっとヤバイと思って今回はダイエット食品を購入してみました。
スープは作る暇が・・・・・・・

出来る限り夜をダイエット食品に差し替えて頑張ろうと思います
建国記念日/National Foundation Day
今日は建国記念日
紀元前660年、記紀における神武天皇が即位したとされる日
(旧暦の1月1日)だそうです。

ちなみに世界の建国記念日を調べてみたところ、
『建国記念日』というのはあまりなく、
殆どが『独立記念日』として存在しているようでした。
spawn
先日アメリカ南部で発生した大型竜巻のニュースより:

spawn
~を発生{はっせい}させる、生じる、引き起こす


The weather that spawned the tornadoes moved east today with heaby rain and high winds.

竜巻を発生させた気象パターンは6日、大雨と強風を伴いながら東へと移動しています。

The morning after a line of tornado-spawning thunderstorms marched across five southern states, the toll was clear.

竜巻を伴う激しい雷雨が5つの州を通過した翌朝、犠牲者の数が明らかになってきました。

振替
今日はとってもいい天気で暖かだったのですが、昨日の雪の影響でコートは真っ白、全然使えません。予定していたテニスは中止になってしまったので、一緒にテニスする予定だったスクールの友達と一緒に振替に行ってきました(屋内)。いつも日曜日の昼間のクラスは空き空きなのに、みんな考えることは同じなのか、今日は沢山人がいました。

しかし金曜も土曜もテニスしてなかったし、先週の日曜も雪でできなかったので、かなり久しぶりのテニス。時間が空いてしまったからか、今週の疲れがまだ取れきっていないからか、なんだかイマイチ気持ちが入りませんでした。なあなあでボールを打ってしまったような感じ。まあ、そういう日もあるかなぁ~

振り替え終わったあとは、友達と一緒にお茶してきたケーキも食べたよ~その友達とはゆっくりお茶とかしたことがなかったので楽しかった


大寝坊&大雪
昨日はあまり疲れてしまって帰宅する気になれず、結局実家にもう一泊してしまいました。でも今日は朝からテニスの予定がはいっていたので、8時半には帰宅の途につく予定で、7時半にアラームをセット。なのに朝になって目が覚めて携帯をみたら、すでに8時半をまわってるえ、なんでもうそこから行く気になれず、だんなに電話してテニスはキャンセルして、そのままぐうぐう寝てしまいました。父親が「いいのか」って起こしにきてくれて、「んー、キャンセルした」っていってそのままぐうぐう。午後になって「もういい加減におきろォ~」っていわれて、目をこすりながらおきてきたら、今度は母親が「あら何、まだいたの」と一言。ってオイオイ、気づかなかったのかいな

結局4時半頃になってようやく実家をでたのですが、少々大型の荷物を取りにまたこの週末中に実家には来なくてはいけないことになっていたので、今からだんなに来てもらえればいいんじゃないか・・・・?と思い電話をかけたら、そのまま来てくれることに(笑)しかし着いたころには雪がちらほら・・・・、そのままちょっと会話していてさぁ帰ろうっとなったころには、かなりの雪がひえ~すごい積もってるわあ近年ではほんと珍しいほど最近雪がふるなぁ。しかもなんでまた週末にばかり。明日のテニスどうなるかなぁ。そんなことを気にしながら帰りましたが、スタッドレスに履き替えてないため、かなり安全運転結構時間もかかって大変でしたがなんとか到着。

帰ってきたら、猫たちが迎えてくれましただんなの話ではやっぱり私がいなくてちょっと寂しそうっていっていたけれど、今リビングでホットカーペットに座ってこれを書いている私のすぐそばに、二匹とも座って寝てます寂しい思いをさせてごめんね~。
寒いとこ其の弐
昨日に引き続き今度は北陸出張。天候不良のため場合によっては引き返す可能性ありとの条件付フライト。でも何度も着陸にトライして3回目にようやく到着することが出来ました。とはいって、私は寝ていたのであんまりよくわからんかったけど・・・

今日は富山から石川へと回りました。北陸は雪が多いんだねぇ~多分このあたりにきたのは初めてではないんだけれど、多分小学校のときくらいぶりだと思うから、全然始めてみたいなもんなんだな。北海道よりも雪多いらしいよ。でも気温は絶対的に北海道より暖かい。いや、寒いには寒いんだけどね。

今日は昨日と違ってバタバタとしてしまって全然時間がありませんでした。しかしどうこうも寒いところばかりの出張が続いたかな。寒いところが苦手なので、出来れば暖かいところのほうがよかったわ~。ま、とりあえず週末だ。つかれたぁ~。
寒いとこ其の壱
今日は札幌に出張。
仕事が思いのほか早く終わって雪祭りを見れました。
写真はまた後ほどアップします。


ホテル泊まり?
明日、明後日と出張することになりました。北海道と北陸とそれぞれ日帰り出張ひぃ~さすがに朝が大変なので、今日は都心にある実家に宿泊。この仕事を始めてから何度と無くお世話になっておりまする。金曜の出張は前から決まっていたので、木曜の夜に宿泊するつもりでいたのですが、木曜の出張は急に話が出てきて、急遽二泊することに。これが自宅からだったらどうなっちゃてたんだろかしかし今朝はすごい荷物で出社してしまい、寒い地方対策の格好もしていたので、まるで田舎から飛び出してきた家出娘みたいでした
5連敗中
今日は久しぶりに献血にトライしてきました
献血は割りとやってきているほうなのですが、
このところすでに4回連続連敗中

今度こそ
っと意気込みだけは沢山あったのですが、またダメでした。
やっぱりヘモグロビン足りてません
200mlの必要基準にすら満たして盛らずまたもや惨敗

うーむ。だめだなぁ。。。
もう2年間献血できてません。
成分献血、まだやったことないんだけれど、
そちらのほうが必要数値も低いらしいので、
そっちを今度試してみようかな。
急遽美容院へ
今日は穏やかな一日でしたゆっくりお昼にもいって仕事も程よく進む感じで、むちゃくちゃ久しぶりに定時帰宅。こんなチャンスは次いつ来るかわからんと思い、急遽美容院に電話して髪を切ってきました

担当の人に「かんなさんはいつも突然ですよね。」って冗談で言われたことがあったけれど、そうなのよね、いつもいつも美容院に行くと決めるのは9割以上当日。しかし今回は同じ当日でも電話をかけたのは18時過ぎ。今までで一番遅かった。記録更新だわ(いつもすみません、Iさん

19時半入りしてシャンプーしてもらってカット。去年秋にばっさりと切ってから、今のショートボブが気に入っていて、この髪形をキープしています。おかげで1ヵ月半ごとくらいに美容院に来ています。以前の私は年に2,3回くればいいほうだったんですけどね

今回はほんのちょっぴり短めにしてもらって、少し丸みがでたからか可愛らしいイメージでだんなもいつもより気に入ったみたい
雪の中お出かけ&節分
今日は予報どおり雪でした。終日テニスする予定だったけれどもちろん中止。なかなかこんな機会もないので、今日は以前から行こうと思っていた横浜のIKEAに行ってきました。

アメリカではよく愛用していたのだけど、そんなに近いわけでもないのでなかなかいけなかったのよね。しかしこの雪の中だというのに新横浜から出ている無料バスには普通に他にもお客さんがいました。これ晴れてたらもっとすごいのかしらん。お店についても結構人がいて、ちょうどお昼時くらいだったのでそのままランチしたんだけれど、普段だったらきっと席もなかなか空かないのかなぁ・・・・。でとりあえず色々見て回ったけれど、結構疲れました。午後になったら人も増えてきてあるきずらくなってきた。ダイニングとかセンターテーブルをメインに見に行ったけれど、二人ともが気に入るものはなかったので、ちょっとした小物だけ買ってきました。そのあと私はロフトに買い物したかったので横浜まで足を伸ばしたあと、ご飯を食べて帰宅の途に着きました。いやはや疲れましたわ。

あ、そうそう、今日は節分だったので、恒例の豆まきと恵方巻き食べ、やりました。付き合い始めてからずっとやっているのですよ。豆まき。今年は新居に越してきて始めてだったけれど、マンションのベランダから豆まいちゃったら本当はいけないような・・・・恵方巻はそごうで買って来たんだけれど、いつもコンビニのしか食べたこと無かったので、百貨店のは高かったけどんまかった(笑)
まさにランチミーティング
今日はランチミーティングの通訳が入っていました。日本人のDさんと先週から来ているアメリカ人ビジターのN氏と、アメリカ人役員C氏とのミーティングで、基本的にDさんのために私は通訳。アシスタントの方がランチボックスを手配してくれて、私はミーティングが始まる前に休みをとって昼食をとるつもりでした。・・・っが、C役員がむちゃくちゃ忙しくて1時間遅れて始まることになったので、普通に昼食をとることに。

その前にDさんとNさんとでちょっと打ち合わせすることになり、ではちょっと話を・・・っと思ったら、N氏にちょっと確認したいという人が現れ、少し立ち話。それが軽く通訳するつもりでいたら、いつもまにやら会議室には他にも人が集まってきて、入れ替わり立ち替わりと質問してきました。いつの間にやら椅子に座ってホワイトボードで説明を始めてしまい、どんどん休みの時間がなくなりつつありました。あれ、まってまって、DさんとCさんの打ち合わせは一体どこへ・・・・

途中でこりゃやばいとおもい、話をちょんぎりました。しかしもう役員とのミーティングまであと30分ちょっとしか時間がなかったため、ランチも食べないとまずい、ってことで、結局食べながら打ち合わせ。でもって、私も食べながら所々通訳(笑)。まぁ1対1のカジュアルミーティングの通訳だし。日本人のDさんは少しは英語が出来るので、自分で言えるところは言ってもらったりもしたのでとりあえずOKでした。でも食べながらってのは無理ですな

でも、結局役員Cさんは都合がつけられず、ミーティングはキャンセルにありゃまま。