FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セクシーボイスアンドロボ
ここ数年、私は邦ドラマにハマっている。それまでは、ドラマなんてホントに興味のきの字もなくて、見ても海外ドラマだけ。会社で女性陣がドラマの話で盛り上がることがあっても、何のことやらさっぱりわからんかった。それがいまや、毎クールほぼすべてのドラマをチェックし、大体半分以上は見ている

このクールも最終回を迎えるドラマがちらほら出ているが、今回一番のヒットは日テレで放送していたセクシーボイスアンドロボ。
http://www.ntv.co.jp/sexyvoice/

第一話をチェックして、すぐに面白そうかなと思ったけど、あそこまで自分の中でヒットするとは思わなかった。回が進むたびにどんどんハマっていった。あほっぽい要素満載だけど、そのアホさ加減が程よくて、肩の力をいれずに楽しめるドラマだった。なんかすごくほっとするドラマでもあったたなぁ。しかも結構泣けちゃうことも多くて。なんたってキャストも良かった。二湖役の大後寿々花に、ロボ役の松山ケンイチ。二湖とロボ、まんがを読んだことは無いけれど、きっとあの二人だから演じきれたんだろうなって思った。松山ケンイチなんて、NANAの蓮演じてる時と全然違ってびっくりだった大後寿々花はそれまで全然知らなかったけれど、演技力すごくあるね。他のキャストもみんな良かったって思う。でもって、そのキャストとストーリーを引き立てる音楽もまた良かったのよね~。かかっている曲すべてがすごく良かった。サントラ、ほしいなぁ。

先週の火曜日に最終回を迎えたけど、ちょっとさびしさを残すようなエンディングだったな。でもすごく良かった。次のクールもいいドラマがありますように~

スポンサーサイト
庭休日にしたけど・・・
今日は6時間テニスの予定だったのだが、それはキャンセルして、一日貿易実務の勉強してました。っていうと聞こえはいいけれど、一日あったのに、どぉも集中力がイマイチ続かず、あっちふらふら、こっちふらふらで、思ったよりも進んでないんですが・・・・・

勉強方法はひたすらノートの復習。やけに沢山ノートを取らせる先生で、毎回白板にびっちり書くのです。またこれが細かくて細かくて、見えん~ちゅぅの

それはともかく、私ってノートとるのがどぉも雑で、特に初めのうちは適当にノートを書いていたものだから、見直しても、なんだかさっぱり分からん。途中からは気を取り直して丁寧に書くようにしたのだが、1冊目のノートは(特に前半)ひどいっということで、ノートを書き直しながら勉強してます

でも・・・この1日で一体何ページ進んだというのだ・・・こんな調子で今週中にちゃんと全部終わるんだろうか。いや終わるわけがない。ペースアップして頑張らなくては
検定まであと8日
やばいぃ~
貿易実務検定は7月1日。もうあと1週間しかない

結局私はやっぱりC級だけを申し込みました。
クラス全員に近い人たちが受験するけど、その大半はC級のみ。
数名がB級併願か、B級のみ受験という人もいるみたい。

今週からようやく本腰入れて勉強を始めたんだけれど(ってこの時点で遅いっちゅうねん)「なんかやったなぁ・・・」っとは思っても、きちんと頭に入っていないものが大半。時々、「なんじゃこりゃ、さっぱり分からん」ってのもあるけど。先生は、「あやふやは一番いけない。確実に覚えなさい」って。でも「70%取ればいいんだから、捨てるところは捨ててもよいから、確実に取れる点数を取りなさい」って。

ところで、昨日の授業で、契約書について問題出されたんだが、さっぱり分からんくてとても焦った。『タイプ条項』『印刷条項』。は?一体何の話だ?っと思って授業のあとに聞きに言っても、やっぱりちゃんとやったような覚えが無いんだな。先生授業でやってないこと出さないでよ(笑)

タイプ条項:表面にタイプされている取引条項=表面条項
印刷条項:裏面に印刷されている取引条項=裏面条項
書入条項:手記で書き入れた条項

法的効果の優先順位
書入条項>タイプ条項>印刷条項






人助けで・・・
今日訓練校の帰りに、某有名駅のロータリーで困っていた目が不自由な方を助けた。ある買い物のために某電気店に行きたがっていたのだが、そこまでの行きかたを説明をするのは非常に難しかったので、時間もあったことだし、そのまま一緒に行ってあげた。

実は一度はその場所のエスカレーターまで案内して失礼したのだが、なんだかやっぱり心配になって、戻ってきちゃった。すぐその人を見つけて、少し様子みてたんだけど、やっぱりちょっと困ってるみたいだったから、また声かけた。結局なんだかんだと購入までお手伝いして、また駅に戻って切符かって改札まで送り届けるまで付き合ってしまいました。そのひとは、「いやぁ、今日はラッキーでした。どうもありがとう。」っと笑ってお礼を言ってくれた。

無事送り届けた後、普通なら人を助けてすがすがしい気持ちになっても良さそうなものなのに、なんだか私の心は少し曇り模様だった。初めはなんだかわからなかった。でも、駅からそう離れていないお店にいってちょっと買い物して戻ってくるというだけで、目が不自由な人はすごく大変なんだな・・・って改めて実感して、少しいたたまれない気持ちになっていたからかもしれない、と思ってきた。

歩くのももちろんのこと、どこに何があるのかを調べるのも手間取ってしまうし、切符買うのだって行き先までの金額をしらべることに始まり、お金をだして一枚一枚いくらなのか確認して、それからそのお金をどこに挿入するべきか探して・・・・と。普段自分はぱっぱと当たり前のようにやっていて、目が見えないと切符買うのがこんなに大変になるだなんて、考えもしたこと無かった。あの人が一人でお店を探して、商品を探して、購入して、また駅に戻ってきて、我が家に帰ろうとしたら、きっと相当時間もかかったんだろうな・・。恐らく、私が声を掛けなかったとしても、誰かが助けてくれたかもしれないし、あの人も本当に困ったら人に聞きながら目的を果たしたとは思う。でも助けてくれる人はそんなにいないのかな。だから「ラッキー」なのかな。。。。

そんなことを考えていたら、帰りの電車で、なんだか涙がこぼれそうになってきてしまい、『えぇ?一体なんなんだ?どうしちゃったの、私?』っとちょっと自分でも混乱してしまった。

目の不自由な人とかみると、いつもすごく気になっちゃって、大体の確率で声を掛けるんだけど、どこまで手助けしたらよいものか、って実は以前から迷っていたところがあったんだよね。自分で気づかないうちに傲慢なことしたり、失礼なことしたらどうしようかな、とか、これはやりすぎかな、おせっかいかなとか思ったり。でも、あとから、あぁ、もちょっと手伝ってあげればよかったかなって、思い返して必ず悔やんでいたり。

でも今回、最後までお手伝いすることが出来て、相手にすごく喜んでもらえて良かった、ってすごく思った。なんか、ちょっと微妙にセンチになって色々考えてしまったけど、でも、やっぱり『困ってる人は素直に助けよう!』そして『当たり前に生活できることに感謝しよう!』そう思った今日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。