FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
big of you
先週のDesperate Housewives -
Episode 01.22 - Goodbye For Nowより


車で走り去ろうとするEdieを止めて話しかけるSusan
 
Susan: Oh, I was just rude back there gloating and everything and I apologize.
Edie: Well, thank you, Susan. Very big of you.


 ※big of you ご親切にどうも


Breeの家にお邪魔するSusanが集まっているみんなを見て

Bonjour. Oh hi, I didn’t know that the cooking lesson was gonna be a group activity. Well, the more the merrier, right? As long as nobody makes fun of my lousy crepes.

 ※The more, the merrier.
 《諺》人数が多い方が楽しい。
    枯れ木も山のにぎわい(こちらはこのシーンには該当せず)。


診察を受けるRexに、他の医者にも見てもらおうという医者。

Your body isn’t responding to the medication the way it should, and the tests we’ve run have all come back negative, so I, I just want to be on the safe side.

 ※on the safe side
  間違っても大丈夫なように、大事をとって


刑務所に入っているCarlosに面会しているGabrielle

They’re charging you with a hate crime?

 ※hate-crime
  憎悪犯罪、憎悪や人種間対立から起こる犯罪


Mikeの後をつけて失敗に終わったシーンにて、娘に言い訳しているSusan

Okay next time I won’t bring my daughter to stalk my boyfriend. It was a slight error in judgment. Honey, please don’t give me the silent treatment.

 ※silent treatment
  ダンマリ戦術、完全に無視すること
 ※give someone the silent treatment
  だんまり戦術を決め込む、怒って(人)を無視する、(人)を黙殺する
スポンサーサイト

テーマ:語学 - ジャンル:学問・文化・芸術

That's life again.
まだまだ続くよフィギュアスケートネタ
今日はエギジビションが放送された。

銅メダルのIrina Slutskayaについて解説の五十嵐文男さんがこんなコメントをいっていた。
フィギュアスケートの世界って3年とか5年とか比較的短い時間で、若い世代が台頭してくるんですよ。その中で、何回にもわたって世界のトップスケーターとして滑り続けるということは、想像を絶する努力をしているはずなんですね。で、それが出来て、しかもそれがこういうオリンピックで常にメダルに届いている。本当に金メダル欲しかったと思いますけれど、でもまず世界のトップレベルに何年にもわたって維持してきたこと、それがまた結果としてメダルにちゃんと到達していること、とてつもない努力を繰り返してきた事が本当にわかる。そういう意味でも、もう無条件に尊敬できる選手の一人だと思いますね。

まさに彼の言うとおり。しかもお母さんや自身の病気など度重なる試練をも乗り越えてきての上だもの。普通の人には真似の出来ない並々ならぬ血の滲むような努力だ。本当にすごい人だと思う。だからこそ、彼女に金メダルあげたいな、って思ってたんだけどね、勝利の女神は彼女に微笑まなかった。でもオリンピックの金が取れてなくたって、スルツカヤは素晴らしいスケーターだと思う。もちろん彼女にとっては、金メダル以外は全く何の価値もないんだろうな。hard-nosedな印象も強い彼女で叩かれることも多いだろうけど、でも、彼女って『人間、やって出来ないことなんて何もない』ってことを体全体で証明してて、本当に本当に自分の力の全てを振り絞って目標を達成しているような、そんな感じで、そういう強さにすごく感動させられるんだよね。
That's life again. We can't decide what we like.

スルツカヤがこう言ったらしいけど、出来ないことなんて何もないと思わせる女王でも全てが全てうまくいくわけじゃないからね・・仕方ないと思うことも必要なんだろうなぁ。悲願を叶えてまた新たなスタートを切って欲しかったけどね。さすがにもう次のオリンピックは厳しいとは思うけど、今後の彼女は何を目標にスケート人生を送っていくのだろうな。

荒川さんは、エレガントで可憐で、ジャンプだけじゃない、ものすごく綺麗で美しい流れをもった演技力で、本当に金メダリストにふさわしいって痛感した。欧米の選手に全然見劣りしてないもの。もちょっと演技をみたいなぁーって思ったけど、エギジビションだから仕方ないか。

ペアチャンピオンのアンコールでは、曲を担当したバイオリニストが出てきたのでびっくりした。アイスリンクでバイオリン演奏が聴けるとは思わんかったわ。しかもその後生演奏での演技。すごーい。こってるぅー。こんなの初めて見た!Plushenkoの担当もよくしているらしくて、彼のときも生演奏で演技した。Plushenko、エギジビションでしょっぱなから3-3-2のコンビネーションをみせるし、さすが!あの切れまくっているステッップも惜しみなく披露して、王者の品格を見せつけまくった。演奏者とスケーターが一身になったすごいエギジビションだった。生演奏でのエギジビションだなんて、五十嵐さんの言うとおり『王者にだけ許される贅沢』でもあり『王者だからなせる技』。すごい。しかもフィナーレでは、なんと3アクセル&3トーループ&3ループのコンビネーションジャンプ見せてノリノリだったよ。うっひゃー

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

荒川選手、金メダルおめでとう!
表彰式
大注目だった女子フィギュアスケートが終わった。

金:荒川静香
銀:Sasha Cohen
銅:Irina Slutskaya

荒川静香選手、おめでとう!!今回のオリンピックで日本初めてのメダル!そして女子フィギュアスケートの日本人初の金!伊藤みどりの銀に続いて2つ目。

荒川は、ほぼノーミスで華麗な演技を披露した。今回も縦のラインを意識した、水色と青色のとても艶やかな衣装で、彼女の美しさを目一杯引き出していた。始めの3-3が3-2になって、んー大丈夫かぁ・・っと心配してたんだけど、解説の佐藤由香さんはSPよりもエッジが乗ってるし調子もいいって言ってた。私は最後の最後までなんとなくSPより緊張してるように感じてしまって、必死に『頑張って、頑張って』っと祈ってたw。でも私の心配なんかよそに最高の演技を見せた。観客からも惜しみないスタンディングオベーション。

次に滑った村主選手もほぼ完璧だった。荒川選手に続いて、スタンディングオベーションも。でも所々ジャンプが2回転になってしまなどあり、技術点がイマイチ伸びずに、4位入賞と、メダルには届かなかった。恐らくとても悔しかったんだろうなぁ・・。インタビューでも大粒の涙を浮かべてた。

SPでは完璧でスキの全くない演技を見せたSP1位のCohenと2位のSlutskayaは、フリーでは少々固さが見られ、どちらも残念ながら転倒があり、SPのような演技はみられなかった。特にSlutskayaは安定感にかけていたように思う。最終滑走順で一番不利だったのかもしれないが、彼女なら力を全部出し切るだろうと期待していただけにとっても残念だった。先日も書いたように私は彼女を応援してて、本当は彼女に金を取ってほしいと思っていたし・・。転倒をした時点で、彼女がもう投げ出すような雰囲気を出していて、思わず「あきらめないで!」と言ってしまった・・。演技後には苦笑いをしていたが、表彰式の時にみせた笑顔はどれも固くて心苦しかった。金だけを取るために、ずっと努力してきていただけに、落胆も大きいだろう・・。せめて力を出し切って欲しかったけど、これも彼女の良くいう"That's life."なのだろう。残念だったけれど、でもすごかったよ。心からの拍手を送りたい。Cohenは銀でも満足げな感じだったな。もちろん金も狙えていたんだけれどね。メダルをじぃ~っとみてなんだか可愛らしかった。

ところでScott Hamiltonが荒川の金を予想していたそうな。へぇ~そうなんだ。ちょっとびっくり。Scott見る目あるじゃーん(笑)。しかしアメリカNBCのインタビューの様子も放送されていたが、英語はそれほど得意ではないんだね。I am surprising.って言ってた。Were you nervous?っという質問にも、Uh....no.と一言。おいおい、もちょっとひっぱれや(^_^;)でもびっくり。緊張していなかったんだ。その後の日本のインタビューでも「ただただびっくりです」と言っていたけれど、その通りなのか表彰台ではかなりクールな表情をみせていた。

3人娘のもう一人安藤は、残念な15位。果敢に4回転に挑戦したけどダメだった。他にも転倒が続いてしまい、力が出せずじまい。衣装も、SPよりマシだったやっぱりイマイチかなぁ・・。化粧もなんだか山姥みたいで・・・(~_~;)。でもね、力がある選手なのに人気ばかりが先行しちゃって可哀想ではあったよね。このまま埋もれてしまわないといぃんだけどな。

さ、寝るぞ・・・(=_=

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

期待の女子フィギュアスケート
昨日は眠くて眠くて仕方なかった。女子フィギュアをのSPを結局朝まで見続けて、ほぼ一睡もしなかったからだ。そのまま昨日は出かけたので夕方~夜は必死に起きてたよ・・(==)。

さて、期待通りの演技をしてくれました♪。個人的には荒川選手がよかったなぁ~っと思った。コンビネーションジャンプが3-3の予定から3-2になってしまったときとか、スパイラルでバランス崩したときは、若干ドキッとしたけど、躍動感が溢れていてとっても良かった。佐藤由香さんは荒川さんの鍛え上げられた体をもっと良く見せる、といっていたコスチュームも良かったんじゃないかな?出てきたときに、胸元から縦に流れてる白のラインが宇宙戦艦ヤマトのクルーメンバーみたいだなとは思ったけど(笑)。

村主選手もさすがの表現力を活かしてほぼパーフェクトの演技ですばらしかった。彼女のほうは荒川に比べると力強さはそこまで感じられなかったけど、繊細さは際立っていて、動きの一つ一つが極め細やかだった。なんとなく慎重になってか抑え気味にもみえたけど、フリーでは思い切って力を出し切ってほしいな。

安藤選手も頑張ったけど色々トラブル多かったみたい。フリーでも果敢な挑戦を期待したい。しかしフリーはどんなコスチュームなのか。SPのあの衣装は、体のラインさっぱりみえんし、真っ黒でどこにいるのかわかりずらいし、さっぱりだったぞい・・。佐藤さんも微妙ぉ~なコメントしてました(^_^;)。あの水色のコスチュームのほうがよかったなぁ。

金メダル争いはIrina Slutsukaya, Sasha Cohen, 荒川静香、村主章枝に絞られそう。日本人の私としては、日本人選手を応援するべきなのだけれど、私はSlutsukayaに金メダルを取ってほしいと思ってる。Plushenko同様、前回のオリンピックではしくも金を逃してしまい、新星アメリカのSarah Hughesに取られちゃったしね・・。

そのSarahは妹Emilyの応援で来ていたけど、大人になったなぁ~~(^。^)びっくり(ちょっと太ってもいたけどw)。Emily Hughesはとっても自信に満ち溢れて、観客に自分の力を出し切った。Michelle Kwanの欠場で得た切符だが、もともと彼女が行くべきだったところだと思う。色々な思いがあったと思うけど、そんなの忘れちゃうくらい、ともかくオリンピックの舞台を精一杯に楽しみ、自分の力を出しまくっているようだった。フリーも期待したい。

しかし・・・全国に見たい人が沢山いるから今回はBSじゃなくて総合テレビで放送しているんだと思うけど、『おはよう日本』の放送枠になると表示される左上の時刻と天気予報、どうにかしてくれー!うざいよー(*_*; 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ガイダンスまでが長い・・・
少し前に通訳学校の期末テストを無事終えて、
ほっと一息、二息ついた休み明けの授業では、
出席率がなんと3分の1程だった・・・ふひゃ!(*o*;
テスト明けはよくあることなんだが、
とはいえ、今まで受けたクラスの中で一番休みが多いぞ・・ =S

さて、早速テストの新規問題の復習した。
 思ったとおり出来てないところ
 思った以上に出来てないところ
 思った以上に出来ているところ・・・ナイ(-_-;)

復習問題のほうは結構好感触だったけど、そっちもどうなることやら。
ホントなんともいえませぬ。吉報を願うばかり。
結果がわかるのはテストから一ヶ月近く。
まだ1週間以上ある・・長い・・・・。

もうすぐ今期も終わるけど、今回は週1だった上に、担当の先生が非常に心優しい方で、怠け者の私にはかなりやばかった。すっかりぬるま湯状態にどっぷり浸かってしまい、緊張感ゼロ。以前の厳しい先生に会ったら、この緩みまくった脳みそをケチョンケチョンに言われそう・・・。ただ、厳しい授業に追われ瀕死状態になっていた今までと違い、時間的、体力的、精神的ともに余裕があったので、普段の勉強に自然に目が向いたという利点もあった。でもやっぱり辛くても厳しい先生のほうが私にはいいかもしれない。

ところで今オリンピックの放送で、ジム・レーラーもやってないので、ワールドニュースを録画しているのだが、まさにワールドで色々な国のニュースやってて面白い。もちろん副音声で聞くのは英語だけです・・・(^_^;)。
my new favorite drink


めいらく『豆腐もできる豆乳』
これがおいしいんだ。

豆乳って苦手意識があったんだけど、
さすが「豆腐もできる」と唄っているだけあってか、
これはほんとにお豆腐飲んでるみたいなんだ。

なんでいきなり飲み始めたかっていうと、ダイエットのため。
始めは『あるある』に載っていた作り方で、
キウイとヨーグルトを混ぜて飲んでいたんだけど、
無糖ヨーグルトを使ったからか、飲みやすいどころか逆にまずくて、
苦手だけど頑張ってそのまま飲むほうがましかも、って思ったら、
これが結構おいしくて、しかも癖になっちゃって・・・。
ちなみにキウイは効果を高めるらしいから、混ぜずに別に食べてる(笑)

ところで、今回豆乳を飲み始めて初めて気づいたのだけど、
無調整豆乳って少ないんだね。どこ行っても調整豆乳ばかり。
あるあるが指定していたのが、無調整で、
スーパーで探したら1つしかなくて必然的にこれを飲み始めたんだけど、
一体調整と無調整では具体的にどう違うんだろうか・・・
と疑問に思って調べたら、

  無調整のものが最も有効成分を多く含んでいます

とのことだ。ほ~。そうなのか。

で、ダイエットの効果は・・?うーん?(^_^;)

chapter and verse
「24」Season IV vol.10 (1:00 2:00)より

どれも易しいフレーズだが、自分が使うか(使えるか)と言うとどうだろか・・。

Tell me what happend, chapter and verse. (Mike Novick)

 字幕:何があったか詳しく話せ
 吹替:何があったのか全て話してくれ
  ※chapter and verse:  事細かに、正確かつ詳細に

If my presence here makes it more dificult for you,
say the word, and I will leave.
  (Mike Novick)

 字幕:私がいることで不快に思われるのなら― 私は立ち去ります
 吹替:私がいることで不愉快な思いをされるようなら、この場から立ち去ります
  ※特に訳されていなかったけど、お望みなら、言ってくだされば、って感じかな。
  ※say the word: 望みを言う、命令を下す

Let's suit up.   (Jack Bauer)

 字幕:準備しろ
 吹替:準備しろ 
 さすがにこれはどちらも一緒だったか・・(^_^;)
   ※suit up おしゃれする、着飾る、正装する、盛装する
   (この突入シーンでは実際におしゃれするわけではないけどね・・)

We have to start fencing with them sooner or later. 
Might as well be now.
(David Palmer)

 字幕:どうせ言い逃れるなら早いほうがいい
 吹替:どのみち言い逃れせねばならん。さっさと片付けよう
 ※might as well ~した方がいい、~した方がよさそうだ
私の趣味

最近のぶろぐは、スケートネタばかりになっているけれど、実は私はフィギュアスケートのファン暦は長く、かれこれ20年以上。うっひゃぁ・・・自分で言って今びっくりしちゃったこの数字。

マイナー気味だったフィギュアスケートが、日本でも騒がれはじめ、なんだか周りが妙にうるさくなってきたら、なんだか逆に熱が冷めて多少ブランク気味だったが、その間すごい選手がますます増えてきて、こりゃちゃんと見ないわけにはいかないっしょ!?ってなわけで、また熱を取り戻したというわけなのだ。

正確にいつからだったかは覚えていないが、私が興味を持ち始めた頃は、まだ4回転を公式に成功した選手も一人いたかいなかったか。女子のレベルもまだまだだった。TVでフィギュアスケートの大会を見るたびに、解説者の言ってるジャンプの種類や説明が理解できるようになりたくて、スケートの本を買って来て、懸命に読みまくった。そのうち次に何をやるかわかるようになってきたときは、なんともいえない満足感を覚えたものだ。

そんな私を見て、父親が1985年の日本で開催された世界選手権
のエギジビションのチケットを取ってくれて、家族で見に行った。そんなにいい席でもなかったけど、うれしかったなぁ。しかも、ファンだったBrian Orserのサインまでゲットできて、むちゃくちゃ幸せだった。

あれから時が流れ、選手のレベルも格段に上がり、採点方式もだいぶ変わった。しかし、氷の上の演技、フィギュアスケートそのものの美しさは、今も変わらず見る者の心を捉え離さない。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

お疲れ様、高橋選手!☆
男子シングルのフリーの演技が終わった。
ショートプログラムでは第一グループの第一滑走だった高橋が
今度は最終グループの最終滑走。また極端な・・・
すごいくじ運だねぇ・・高橋クン・・・(^_^;)

4回転で回転が足りず転倒。練習では調子が良かったのだが残念。
それでもその後ジャンプも次々に決め、
流れのあるスケーティングを見せた。

結果は8位入賞。
フリーのtechnical elementsがちょっと伸びず9位。

その後のインタビューではかなり悔しそうだった。
フリーの演技に全く満足がいってなかったそうだ。
今にも泣き出しそうな表情に胸が痛かったなぁ。
それでも懸命にこらえてインタビューに答える彼の姿は立派だった。

他にも男子シングルは転倒やミスが結構目立った。
みな難易度の高いジャンプに挑戦していたこともあるからか。
安全策では得点にはつながらない。しかし失敗には厳しい減点。
成功と失敗で明暗がくっきりと分かれた結果となったように思う。

そんな中で、大大大成功を収めたEvgeni Plushenko。もちろん金メダル。
トリプルフリップがダブルになっちゃったくらいで、
あとはミスらしいミスは全然なし。
それどころかショートプログラムもフリーもどちらも
パーソナルベストを更新し、全くほかを寄せ付けない圧倒的な演技。
でも、「もちろん」なんていったけど、前回は取れなかった色。
待ちに待って自分の力を出し切って金色を獲得したその力はやっぱりすごい。

驚きの順位は銅メダルを獲得したカナダのJeffrey Buttle. 
ショートでは高橋とは微々たる差の6位だったのだが、
フリーでいい演技を見せ見事逆転表彰台。
4回転で転倒こそあったにせよ、他のジャンプをほぼきっちり決めてきて、
持ち味である美しい滑らかなスケーティングもくわわり、
自身も驚くパーソナルベスト更新でメダル獲得。
なんか笑顔がすごく素敵だなぁ~っと改めて思ってしまった。
すごい好みかも。(^_^;)

しかし今回初めて表彰式を見たんだけど、
ものすごいでかいメダルだな・・・
しかも真ん中穴開いてるし、メダルっぽくないー!

銀メダルをとったスイスのStephane Lambielは喜びの涙を流していた。
うー、こういうの弱い!私ももらい泣きしちゃう。
しかし感極まりすぎて国旗が掲げられている間も、
体を震わせてぼろぼろぼろ。あはは。ほんと嬉しいのね。
plushenko同等のものすごく良いジャンプも見せたが、
所々ミスがあったからか演技直後はかなり納得のいってない表情していた。
まだメダル候補者の選手も残っていたから、無理だと思っていたのかな。

自信に満ちた満足げな笑顔を見せた、Plushenko、
涙いっぱい喜び溢れた笑顔を見せた、Lanbiel、
爽やかで晴れやかな笑顔を見せた Buttler、

三人それぞれの表情が印象的だった。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

Bush Comedy
またもやジョークネタで失礼~。

でも You really gotta see this! =D
Hilarious!!!

http://www.wimp.com/bushcomedy/


Naughty, naughty
今夜のDesperate Housewives -
Episode 01.21 - Sunday In The Park With George より

edieにgeorgeと仲良く食事しているところを見られて
誤解を解こうと話しかけたbree...

Bree: Edie, hi.
Edie: Hi.
Bree: I..... saw you at Fredo’s yesterday.
Edie: Yeah, I saw you too. (tch, tch) Naughty, naughty!
Bree: I beg your pardon?

主音声の訳では「いい事しちゃって」


naughty websterより
1.a) archaic : vicious in moral character : WICKED
 b) guilty of disobedience or misbehavior
2. lacking in taste or propriety

                       
naughty 英辞郎より
【名】 〈性俗〉セックス、性交、エッチ
【形-1】 いたずらな、言うことを聞かない、(品行・行儀が)悪い、いたずら好きな、やんちゃな、わんぱくな、いけない
【形-2】 下品な、わいせつな、みだらな

    
フリーも頑張れ、高橋~☆
第一滑走だったので、頑張って起きててLIVEでみた。
相当緊張していたのは、TVの画面からも分かった。
でもその後のインタビューや、某ウェブニュースであったように、
『凄い緊張で、足がガクガクだった』とは思えないほど、堂々としたいい演技だった。

一番初めのトリプルフリップ&トーループのコンビネーションジャンプは、
ループが微妙に着氷ぶれたけど頑張った。次のトリプルアクセルは、
オーバーローテしちゃってかなり危うかったけどよくこらえたよ。
ステップからのルッツは綺麗に決まってステップもスピンもキレがあった。
しかし事ある毎にステップのレベル4を強調するの、もういいよぉ。
他の人だって4やってる人いるんだし・・・(*_*)

女子のほうにスポットがあたってるけど、
この調子でフリーも頑張れ!
(女子はBSでも総合でも生中継するのに、ほかはBSだけなんて・・)

しかし第二滑走のプルシェンコはものすごい王者の強さを見せ付けた。
ほぼ完璧といえる演技をして、なんと90.66。
ふんぎゃー。すご!(@_@。このまま独走か!?

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

お願い、黙って・・・・(T_T)
ペアの演技が終わった。ショートプログラムに続いて、井上&ボルドウィンは注目の的。残念ながら今度はスロートリプルアクセルは成功せず、7位とメダルに届かなかったが。しかし全てを出し切った演技だったと思う。清清しい表情が印象的だった。二人の宝物となったオリンピックであることは間違いないだろう。

メダルを獲得した選手たちの演技も、みな素晴らしかった。金メダルに輝いたロシアのタチアナ・トットミアニーナ &マキシム・マリニンは安定した強さ、実力を出し切った。しかしそれ以上に注目を集めたのは、銀メダリストになった中国の張丹&張昊ペア。序盤に果敢に挑んだスロー4回転サルコで大きく転倒するという大きなアクシデント。しかし一旦中断するも、再開。覚束なさを感じさせるかと思いきや、綺麗に滑りきり、見事銀メダル。その強靭さには恐れ入った。負傷した足が大事に至らなければよいのだが。さて、次は男子シングルスだ。日本代表の高橋選手は緊張の第一滑走者。

しかしアナウンサーの声だけ消せる機能がほしい。雑音に邪魔されることなく、しんとした沈黙の中で、心から演技を見入って感動に浸りたいのだ。切実な願い・・・。



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

真の強さ、見せられた

アメリカの井上&ボルドウィンのペアが、トリノオリンピックで五輪初スロートリプルアクセルを成功させた。全米選手権で史上初として成功に続いた。映像をみてすごく感動してしまった。

ショートプログラムは6位でメダルを狙える圏内であるとのこと。大きなニュースにもなっていたが、井上玲奈選手は、父親の死、自らの大病、米国籍取得を経て、アメリカ代表として臨んだ今回のオリンピック。色々な思いが詰まった演技だろうと思う。世界初の高難易度スロージャンプをショートプログラムに入れてきたわけだが、何が何でも勝利にこだわったような感じは全くなく、そういう技術や順位、勝負などさえも超えた強さが、このペアには備わっているように思った。特に井上選手の穏やかかつ凛とした表情と、頭のてっぺんからつま先まですべてが柔らかな演技に、その強さが全面的に自然と表されていたように思う。

批判を受けてまで代表の座を奪い取って無理をして結局欠場をせざるをえなくなったクワン選手とは対象的だ。ジュニアの頃から素晴らしい演技と勝負強さを見せていたクワン選手だが、個人的にはなんとなく気が強すぎるような印象を受けていた。オリンピックにこだわるあまり、今回ばかりは少しあがきすぎたか・・・。

ほかに興味深いところでは、北朝鮮の非常に若いペアがいたが、あまり奮わなかった。まだまだ子供といった二人な上、出場枠を獲得したあとに、年齢制限のために女性選手を変更したので、短期間で形にするのは非常に難しかったと思う。女子シングルスでも北朝鮮の選手がいるが、なかなか実力はあるらしいとのことだが、ともかく舞台になかなか出てこないからよくわからない。どんな演技をしてくるだろうか。


テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE

期待しないでみたけど、結構面白かった。映画という観点でみてどうこう評価するような作品でもないかもしれないし、ものすごくお勧めってわけでもないけど、何にも考えないで素直に見ると結構いいって思うよ。こういう映画も結構好きだったりする私。

慎吾くん、最近活躍が特に目立ってるね。『西遊記』も結構味がでてて楽しいし。アニメの忍者ハットリ君とはかなり雰囲気は違っていたけど、彼は彼で個性的。けむまき役のゴリも何気にいんじゃない?他の面々は皆いかにも脇役・・って感じだったけど(^_^;)。

ところで、むかぁ~し『ドク』っていうTVドラマに慎吾君がでたとき、帰国したてで全然芸能情報にもうとかったから、慎吾君どころか、SMAPとか知らなくて、まじめにベトナム人なのかと信じきってしまったいた。いやはや懐かしい。

ついでにこぼれ話。その頃、竹野内豊が出ていたドラマの話で、「えっと・・・たけのうちとよ?ってひとが出てるドラマ」っていって、笑われたこともありました。だってTV欄だから『竹野内 豊』ってスペースあいてなかったんだもん。

話がそれました・・・。
LAWS OF THE NATURAL UNIVERSE
やばい・・・またジョークねたばかりに・・・
ま、笑えるからいいよね?

Law of Mechanical Repair:
After your hands become coated with grease your nose will begin to itch or you'll have to pee.

Law of the Workshop:
Any tool, when dropped, will roll to the least accessible corner.

Law of probability:
The probability of being watched is directly proportional to the stupidity of your act.

Law of the Telephone:
When you dial a wrong number, you never get a busy signal.

Law of the Alibi:
If you tell the boss you were late for work because you had a flat tire, the very next morning you will have a flat tire.

Variation Law:
If you change lines (or traffic lanes), the one you were in will start to move faster than the one you are in now. (works every time)

Bath Theorem:
When the body is fully immersed in water, the telephone rings.

Law of Close Encounters:
The probability of meeting someone you know increases when you are with someone you don't want to be seen with.

Law of the Result:
When you try to prove to someone that a machine won't work, it will.

Law of Biomechanics:
The severity of the itch is inversely proportional to the reach.

Theatre Rule:
At any event, the people whose seats are furthest from the aisle arrive last.

Law of Coffee:
As soon as you sit down to a cup of hot coffee, your boss will ask you to do something which will last until the coffee is cold.

Murphy's Law of Lockers:
If there are only two people in a locker room, they will have adjacent lockers.

Law of Dirty Rugs/Carpets:
The chances of an open-faced jelly sandwich of landing face down on a floor covering are directly correlated to the newness and cost of the carpet/rug.

Law of Location:
No matter where you go, there you are.

Law of Logical Argument:
Anything is possible if you don't know what you are talking about.

Brown's Law:
If the shoe fits, it's ugly.

Oliver's Law:
A closed mouth gathers no feet.

Wilson's Law:
As soon as you find a product that you really like, they
will stop making it.
Italian Pasta Diet
1) You walka pasta da bakery.
2) You walka pasta da candy store.
3) You walka pasta da Ice Cream shop.
4) You walka pasta da table and fridge.

And for those of you who watch what you eat, here's the final word on nutrition and health. It's a relief to know the truth after all the conflicting medical studies:

1. The Japanese eat very little fat and suffer fewer heart attacks than Americans.

2. The Mexicans eat a lot of fat and suffer fewer heart attacks than Americans.

3. The Chinese drink very little red wine and suffer fewer heart attacks than Americans.

4. The Italians drink excessive amounts of red wine and suffer fewer heart attacks than Americans.

5. The Germans drink a lot of beer and eat lots of sausage and suffer fewer heart attacks than Americans.

CONCLUSION:
Eat and drink what you like. Speaking nglish is apparently what kills you.

What Women Want / ハート・オブ・ウーマン

メル・ギブソン主演のコメディロマンス映画。
ある日突然女性の考えている事が聞こえるようになった男の話。

自分のことを、仕事も出来て女性にもモテルhot shotだと勘違い?している男が、女性の本音にぶち当たったときのショックが面白かった。世の中の男性全員が一度は経験したほうがよいのかも?(笑!)でも、そこから女性の気持ちに敏感になって、思いやりがもてるようになって・・・。徐々に変わっていく様子がよく表現できているように思った。

ヒロイン役のヘレン・ハントは、嫌味のないキャリアウーマン役を演じていてとてもよかった気がする。女性として仕事をしていく辛さや寂しさなどもよく表していたと思う。でも現実の働く女性ってもっとシビアな人が多いような気もするけど(笑)。

ちょっと心温まりたいなって思ったときに見るにはいい映画かも。
ワシントンで開花
日本では厳しい寒さが続いている中、
ワシントンDCあたりは暖かな日が続いたらしく、
早くも桜が咲き始めてしまったとか。
どうしても春がまだ来ぬうちに急に暖かくなって
開花してしまう年はあるんだけど、
まだ2月はいったばっかなのに。早すぎじゃない?
http://www.wjla.com/news/stories/0206/299403.html

今年のCherry Blossom Festival は3月25日~4月9日、
パレードは8日の土曜日らしい。
朝晩は冷え込むのですぐに一気に開いて散ることはないみたいだけど
パレードまで持ちこたえるかしら?
桜無しのパレードは、とても寂しげなのよね。

でも桜はほんときれいに咲く。
毎年欠かさず見てたけどやっぱりいいよね。桜。日本の花。
「今日は暖かいな~っ」て思うと、ぱーっと咲いちゃうんで、
時に学校を通り過ぎてそのままDCに向かって桜見にいちゃったこと、何回かありました =p

horticulturist: 園芸家
The chief horticulturist for the National Park Service:国立公園局の主任園芸官
大殺界が終わって・・・
今年も1ヶ月が過ぎた。今のところ何事もなく平和に過ごせているのがなによりなこと。

私は結構占いが好きだ。いろんな占いをやって楽しんでる。かといってのすごくこだわりがあるわけではないが、中でも去年ようやく3年に及ぶ大殺界が終わったことに、ちょっと安堵感をおぼえていたりする。

振り返ってみれば大殺界の時期はそれなりに色々とあった。特に去年は厳しい一年であった。仕事運・勉強運共に恵まれず、凹んだろころに愛猫の死が私を襲い、きつかった。

そんな時期を経て、今年は『種子』の年を迎えた。まだまだ気が抜けない時期だが、何か未来へ続く糸口が見つけられることを期待している。特に、勉強でのステップアップ。そして、出来れば何かいい仕事が見つかればいいなと思ってる。この1年半、ちょっとした仕事はしたものの、殆ど専業主婦状態だったので、そろそろ社会復帰も検討中。

State of the Union Address
bush.jpg
今日はブッシュ大統領の一般教書演説だった・・。生放送してたのに、見事に見逃した。録画もしてない。大本はWebでも音声も映像も見れるのでいいのだけど、聞きたいのは主音声で同時通訳やってくれるからやっぱりLIVEで見たかった。ぎゃーん!もー大失敗!

テスト直前であまり時間がないので、White HouseのHPをちょっとだけチェックした。スピーチよりもちょっと気になったのだが、大統領入場前に、もろもろの人らが入場した際、
今話題のSamuel Alito判事が現れたときに議会で歓声がわいたのが印象的だった。

少々ヨコだけど、アメリカって入場ってかなり重要視するよね。歓迎する時間をものすごく割くもの。これは議会とかにも限らず、普段の生活からもそうだけど。日本はどちらかといえば逆かな。典型的な例が結婚式だと思う。

さて、一般教書のイントロは、30日に亡くなったキング牧師夫人、Coretta Scott King氏のことで始まっていた。やはり偉大な人を亡くしたことをはじめに持ってくるあたり、抜け目ないなと思った。speech writerってすごいよな。

まだあまり見れてないのでまたあとでチェックしようと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。