FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
朝5時から勉強
何を思ったのかやたらに早起きしてしまった。もう少しゆっくり寝ているツモリだったのに。あ、そうだ、猫に起こされたんだった。ちょっと目が覚めたところに、長男猫(恐らく)のダダダダダー!という走る音が聞こえたので、これはやばい!と思って起きたのだった。ダダダと走るのは、粗相のサインなので・・・。しかしとき既に遅しだった。粗相の後のダダダだった・・・・・。

まあ、ともかく起きてしまった・・・。また眠っても良かったんだけど、なんだか勉強した。しかしそんな長いことやるつもりじゃなかったんだけどなぁ。2時間やればいいかな、と思っていたのだが、その倍の4時間も勉強してしまった。だって思ったより時間がかかって終わらなかったんだもん・・・。

でも朝に勉強しておいてよかった。その後終日出かける用事があったので。帰ってきてからは疲れて勉強どころではなかったから。早々と9時に寝たわよ(笑)。
スポンサーサイト



難病
ある知人が難病指定の病気にかかったことを知った。原因もまだはっきりと解明されておらず、今現在完全治癒する病気でもないらしい。ひどくならない為に治療はしているらしいが、副作用もひどいらしい。

しかしぱっと見は全然普通に元気にみえるのだ。それだけに信じがたいのだが、とても大変な病気だそうだ。よくよく見ればなんだかちょっと顔が赤っぽくてぽっちゃりしてる?副作用らしいがでも言われなければ全然気にもならなかった。

でも治療を始めたときにでた副作用は相当ひどかったらしく、仕事が美容関係の接客業なだけに、ショックが大きく大変だったらしい。今も普通に見せるために並々ならぬ努力をしているそうだ。そういう仕事でなくても、女性だったら容姿はすごく気になると思う・・。

病気の話を明るく話すだけに余計に本当は辛いんだろうな・・と思って
余計に彼女が心配だったけれど、私には何もすることができなくて・・・。実際病気そのものも辛いのだけれど、精神的にはもっと辛いらしい。毎日ないちゃうんです・・なんて語られて、いたたまれなかった。いつもキレイにしていて、とても可愛らしい上に、ハキハキしていてとても優しくて素直でとても素敵な女性なのに、なんでこんないい子がそんな難病に・・・・・・。胸が痛い・・・・・・・。
やっぱりニュースが弱い
だめだ。なんでこんなにニュース英語が弱いのだ。
普段の教材をやるときにはメモ取りは褒められるほうなのだけど
(実はまだまだ全然なメモだけどだけど・・)
ニュースになるとほんっとからっきし。

だーっと全部を2回流されていってたこと全部書くのだけど、
細かいところまでメモ取りきれないのだ。
まあ大体は普段の教材より全然早いから追いつかない。
流される量も全然多いから余計に追いつかない。
まずは聞くほうに集中するのは基本なのだけれど、
かといって全く書かないわけには行かないし・・。

ってこんな内容を前にも書いたほうが気がするのだけれど、
相変わらず同じ悩みを抱え続けているのだ。

聞いたときにぱっと「この言葉!」ってのが思い浮かんでないのだ。
教材の場合はもう少しゆっくりめだからどうにかmanageできてるのだと思う。
だけどニュースはテープが流れれば流れるほど余計に遅れる。
ほら・・・・私のメモ取りの実力のメッキが剥がれる(-_-;)。

それ以前に言葉をしらなすぎる。
ニュースになると余計に知らない言葉がどうやら多いらしい。
練習してからニューススクリプトを確認すると、
結構分かっていない言葉、イディオムがぼろぼろぼろ・・。

元々ボキャブラリは弱いので力を入れるべきだったのだけど、
さほど重点的にもやっていないから悩みから脱出できないのだ。

背景知識でどうにか想像も交えて訳出が出来上がっている・・・
というところだろうか。現段階は。

あう、もっと勉強しなくては・・・・。
What is your favorite curse word?
今夜のアクターズスタジオはキャメロン・ディアス。
そういえば、この間どっかのWebニュースで、
無名時代のトップレス写真を廻る騒動?の話があったな。
女優さんは大抵こういうのって多かれ少なかれいつもあるね。

キャメロンって美人だけど鼻に掛けていなくて
わざとおきゃらけた行動をとるところもあって面白い人だと思う。
恒例の10の質問の一つ「一番嫌いな言葉」でも
"arrogance"と答えていたな。
(もしかしたらarrogantかも?)
高慢な態度は嫌いなのかもね。

「天国に行ったときに神様にかけてほしい言葉」では
"nice ass" っと冗談も言っていた。

しかしこの恒例質問の一つ、
What is your favorite curse word? 
これいいよなー(笑)
キャメロンの好きなものはお馴染み、Fxxxでした。
他にもいくつかあげてたな。
一つどっかの国の言葉を上げていた・・・どこだっけ・・。
[What is your favorite curse word?]の続きを読む
THE RAINMAKER / レインメーカー
rainmaker

MXTVで放送中。

Matt DamonとDanny DeVito主演映画。
どちらも好きな俳優でストーリーも面白い。
裁判物は好きなので。

Matt Damonは情熱あふれる新米弁護士にぴったりだし、
Danny DeVitoはあの話し方、あの演技の仕方、
あのしぐさ、面白くて好きだわ。
ずるがしこいけどどうも憎めない上司。

映画自体はJohn Grishamの原作(邦題「原告側弁護人」)の
半分辺りから始まっているらしい。
機会があったら読んでみたい。
仕事をするということ
先日某スーパーで60代らしき男性がレジで働いていた。とても柔和な笑顔とはっきりした話し方で丁寧に対応しているのだが、まだ慣れないらしく時間がかかっていた。はと気づくと左腕には「研修中」の腕章が見えた。急いでいたので他のレジに回ったのだが、応援の拍手を心で送った。父親くらいの年の人だ。再就職したのだろうと思う。

高齢者の就労は厳しいだろう。希望している条件の仕事にありつくことは難しいだろうし、仕事があるかどうかもわからないかと思う。義父は元々商人だったため、学歴も民間企業の就職経験もなくスキルがない。仕事は殆ど警備などの仕事。一時契約が切れてしまい一時仕事が無かったが、少し前に高齢者就職斡旋センターみたいなところから、仕事を紹介してもらえて、やはり警備系の仕事を始めることが出来た。

義父母はとっても働き者だ。忍耐強くもある。色々文句があったとしてもひたすら頑張る。見習わなくてはといつも思う。義母も数年前までは、ずっと働いていた。前職ではあまり良いとはいえない上司がいたようだが明るく元気に働いていた。しかしあるとき辞めてしまった。あの忍耐強い義母が辞めるなんてよほどのことがあったようだった。世の中がまだまだ不況で決してよくもない就労条件がさらに悪くなっもくるだけに、ますます高齢者の就労が厳しいものとなってきているのだな・・・。

義祖母の介護が始まったために、義母は今も殆ど仕事に出ていないが、義祖母も長年働いていた人だったようだ。さすが義父母の母だけある。義父母も義祖母も口をそろえてよく言う。

「働けるときにたんと働きなさい」

まあでも、働けとせかされているわけではない。専業主婦に文句をつけられているわけではない。強制するような人たちではないし。でもやっぱり仕事しているひとが、まずは優先らしい(笑)。

この間少し仕事をしたとき、仕事の帰りに義父母の家に立ち寄った。ふらっとよることは多いのだが、大体はテニスの帰りか学校の帰り。

義母: (義祖母に向かって)
    「かんなちゃん今日は仕事してきたんだよ」

義祖母:「ああぁ~そ~~なのぉ~~~!そ~れはお疲れ様!」

いつも笑顔見せてくれるけど、その時の満面の笑顔はいつも以上で、
思わず苦笑した。(^_^;)

いやはや早くプロの通訳になってばりばり稼げるようになりたい。
学校の自習室でお勉強
学校の自習室で勉強をした。台風も迫っているというのに、何でこんなときに・・・と自己ツッコミしていたが、家には色々な誘惑があって勉強が遅々として進まないから。(このぶろぐも誘惑のひとつ・・・笑)

今日のうちに出来れば終わらせておきたいことが2つ。しかしこれがなかなか終わらない。体が疲れきっていて集中力が欠け気味だったこともあるが、とはいっても懸命に進めているのに。さぼっているわけでもないのに刻々と過ぎていく時間。あー参った。

家だと時間がかかるから学校で、なんて思っていたけれど、誘惑云々の前に、物自体が元々時間を結構要するということに、初めて気づいてしまった・・アホ・・・(-_-;)。結局4時間ほど学校で勉強してから帰宅。疲れた。でも全部終わらなかった。ガーン。

ところで学校で勉強した理由がもう一つ。実はここ数日昼と夜が少し逆転気味だったので、ヤバかった。午後もstay awakeするため学校にとどまったのだが、さすがにもうふらふらしてきた。だんなも早く帰宅していたので、今日は外食にして、午後8時過ぎに就寝した。チャングムも海猿も今日はビデオビデオ!後で見る!
ポンズ ダブルホワイト の効果
ponds.jpg
ポンズダブルホワイトを使い始めて早1年半ちょい。まぁ、コレ一本!っていうわけじゃなくて、ほんの少し他の製品にも浮気しているが、でもまあ大体はコレだ。

しかし・・・・・。全然白くなりません。まぁ・・・当たり前なんだけどね。だってものすごい太陽の浴びようだもの。こんなもので抑制できるはずがありません(笑)。とはいっても、少しはマシなのでは・・・・!?とかすかな望みを託して使い続けてきたけど。

それはともかく、少し前にパッケージが変わって、このタイプではなくて、細長くて少しカーブがあるボトルになったが、これが使いづらい!!細長すぎて倒れやすくてイライライライライライラ!!!そろそろ変更時期だな。こりゃ。
パフォーマンス向上
私が今一番達成したいことの一つにパフォーマンスの速さがある。
具体的には学校でさされたら、間髪いれずに訳出を始めること。
そして出来るだけスムーズに、止まらずに訳すことだ。

途中で慌てて、「あれ?」といったり、舞台裏を見せないことは勿論のこと、
訳出を始める前に、えっと・・・などと言うのもご法度。
これは学校に通い始めた頃やってしまっていたが、今は直した。

前置きの言葉は無くても、必ずず咳払いをしてから始める人もいる。
私も以前時折やっていたことがあったが、これも直した。
実際に通訳をやるようになったら咳払いも絶対にNGだからだ。
多くの人に出がちの途中の「えー」っというのも、
聞き苦しいのでなくしたほうが良い。これもかなりでないようになった。

しかし、「間髪いれない」「止まらずに」「スムーズに」
の部分はまだまだ修行が足りないようだ。
一度訳出を始めたら、言い直さないことも大事な要素。
だからこそ、第一声に慎重をきするのだが、
それでもいつまでも構成を考えている時間はない。
以前に比べたら、第一声までの時間は大分短くなったが、
やはりメモの段階で出来上がっているoutputが足りないのだ。
途中でまずったと思うようなことになっても、
ともかく言い直さないように、軌道修正を試みるが、
しかしあまりにまずい入り方をすると、それにも限度があり
自分の不甲斐なさを多々実感する。

テストは今のところ筆記のみなので、訳出も何か不都合があれば書き直せる。
しかし書き直しているようでは先行きは不安だ。
話しているのと同じ様に、一発で訳出が書けるようにしなくては。
北風と太陽
時折耳にすることがある「北風と太陽」
英語は The North Wind and the Sun
もちろんイソップ物語の北風と太陽。

耳にするといっても物語そのものの話ではなく、
例えとしても用いられるのを聞いているのだけど。
毎晩みている「あすを読む」でも
昨日は「人民元の切り上げ」がテーマだったが
中国に対する対応についての例えとして用いられていた。

日本語は何かとよく例えを使うことが多いと思う。
こういった物語もそうだが、歴史的出来事、四字熟語、ことわざ。
「北風と太陽」といったような国際的に知られているものであればともかく、
他国にはないものは英語訳が分かっても、聞いてる人がわかるかどうか?!
ことわざなどにしても、「覆水盆に返らず」みたいな代表的なものならばいいけど、
英語はあんまりそれほどまでにことわざなどを多用する言語じゃないから
どうしても訳出に戸惑うこともおおい。
日本語でも意味が分からないものもあるし・・。(・・?
それでは通訳としてはどうしようもないわけだものなぁ。
とりあえず意味が分かっていれば、redundantになったとしても、
どうにか訳すことができるけど。

そんなわけで、英日や日英辞書をひくと同様に
なにかと国語辞典をひく事が多い私である・・・・・・
意外にその意味を分かっていないことが多いので・・・
全大文字の発言は /kick 対象
このタイトルだけで何を書いているか分かる人はきっとIRC user?
alc blogにIRCを知っている人がいるかどうかも疑問かなぁ。

IRCはinternet relay chatの略で、
UNIX上で開発された会議システムでチャットシステムの一つ。
最近はやらなくなったが、Amandaさんの初メールをもらった1995年頃は、
アメリカでIRCにもはまりまくっていたのだ。

アメリカにいる日本人が集まるチャンネル(チャットルーム)があって、
そこで皆でローマ字で話していた。いやーよく読んでたよなー。
今はもう出来なさそうだ。しかも流れるの早かった早かった。

それはともかく、Amandaさんも話していたように、
アルファベットを全て大文字で使うと叫んでいる意味になり、
無意味に使うと、まさに「うざいやつ」と思われ、
すぐさまチャンネルから追い出されてしまう。
それに使われるコマンドが“/kick”だ。

botという自動機能つきのチャンネルもあって、使うが否や、
"○○ has been kicked out from ... "
というようなメッセージがでてきて
 ※正確には覚えてないけどこんな感じ。○○はnick(ハンドルネーム)
あ~あ、やられてるよ(^_^;)とすぐわかる。

ちなみにコマンドは全てスラッシュ“/” から始まる。
個人メッセージは“/message だれだれ メッセージ”
というふうになるのだが、この“/”を忘れると
ど~~ん!っとpublicに見えてしまう。
これまた「やっちゃった・・」っという事は良くあったなぁ・・。

今ではOS上で使える便利なソフトが色々あるけれど、
当時はUNIX上でつなげてやるのが常だったので
クリック一発、なんて便利なツールは全くなくて
コマンドも全て逐一打たなければならかったのよね。
ん~なんだかノスタルジックな気分。

[全大文字の発言は /kick 対象]の続きを読む
宇宙からのメッセージ
おお、10周年ですか、Amandaさん。
それはおめでとうございます。

うん、なんか、覚えてますよ。あなたからのメール。
初めてのメールはすごく1文くらいの短いもので、
確か英語だったよね・・・?
あ、そうそう、オールキャピタルじゃなかったっけ???
まるで大声で叫んでいるかのように、全部大文字で。
違ったかな?ともかくなんだか面白かったのよね。

今となっては老若男女を問わず幅広く利用されていて、
日本語の文字化けなんかもあんまりしなくなったなぁ。
ちょっと前まで本当によくあったようなきが。
そうそう一度母親からこんな返事が届いたっけ。

「宇宙からのメッセージあり。」

私の送ったメールが全然読めなかったらしい。
すごく笑えた。
猫もぼける
長男猫の調子がイマイチよろしくない。
どうも少し前から尿の回数が少なくて、一度の量が大量なのだ。
でも色々な検査やレントゲンをとった結果、問題はなかった。

しかしどうやら年齢的に筋肉がよわってきて、
尿が溜まるまでだそうと思わないらしい。
また踏ん張れないからきっかけが見出せないという可能性があるらしい。
そしてぼけの始まりもあるかもしれないとのこと・・。
え!(@_@;)マ、マジですか~~!?

「いつも大量のおしっこしたあと、家中をダッシュしまくって、その後ウンチするんです。」っといったら

「あ~~~!そういう猫ちゃんいます」と先生。だーーーといきなり走って止まったところに、ぽろっぽろっとウンチをしてその後はコテンっと何も無かったように寝てしまう猫がいるらしい。それもよくよく聞いてみるとボケの始まりだったとか・・。

最後のコテンは長男猫には見られないが、それでもほぼ同じ。そういえば、最近ちょっと大人しめになったな。それに最近あたりかまわず歩き回って、人のお腹とか足とか平気で踏むようになったし・・・。以前は閉めてあるドアもドアノブに伸びて、ガンガンおと立てた挙句に無理やり入ってきていたけど、それもやらなくなって、ドアの前でで~~っと伸びて待っているようになった。

ボケかぁ・・。我が家にも介護が必要になってきたのかぁ・・。
『もっとふたりで』 ユンナ
もっとふたりで
神奈川県高校野球大会のテーマ曲なので、
TVKをみてると、結構良く耳にする曲なんだけど、
最近のお気に入り。
テンポもよくて、メロディーもすぐ口ずさみたくなる。

saku sakuにもユンナがゲスト出演していたけど
可愛らしいだけじゃなくて、結構積極的っていうか
なんか面白一面を持ち合わせてそうな感じのおんなのこ。
韓国人・・・なんだよな?よくわかってないけど(笑)。

☆ユンナ Official Web Site
http://www.younha.net/
SWISSBIT Army Drive SwissMemory
スイスメモリー
先日表参道のVictorinoxでみたこの品物。
スイスアーミーナイフにメモリーがついてる。
USB部分だけ取り外し可能だから
データだけほしいよってときも、
飛行機の移動でナイフ持込ダメってときも、
対応可能らしい。ちょっと気になる。
The Blues Brothers / ブルース・ブラザース
The Blues Brothers
やっぱBSでは面白い映画沢山やってくれていい。
blues brothers、マジで笑えます。
80年代の映画は面白いね。

そうそうUSJにブルース・ブラザーズの格好をした人がいて、その時だんなは良く分からなかったみたいだけど、丁度今放送中なので、「これだよ」って今説明してあがたら、今度はUSJにその人たちがいたことを忘れていた。(~_~;)
アジア女性基金国際シンポジウム 「過去へのまなざし、未来への構想」
7/17に国連大学で開催されたシンポジウムに行ってきました。
元首相の村山富市氏が理事長を務めるアジア女性基金主催。

慰安婦を含む戦争責任を考えるシンポジウムだったのだが、実はテーマに興味があったわけではなく後援である朝日新聞の記事をみたら、同時通訳付きと書いてあったので申込みしたのだけど。

同時通訳は素晴らしかった。パネリストが殆ど日本人だったので、通訳は日英が殆どでしたが、英語はネイティブかと思うようなきれいなはっきりとした発音で、言葉選びも的確で、分かりやすい英語。それに既に原稿が渡されていたスピーチも多くあったとは思うが、恐らくここは原稿はないんだろうと思うところになっても、パフォーマンスには全く差が無かったし、やっぱりプロはこんなにスラスラとできるものなんだなぁ、と改めて驚きました。当然ながら私なんて比べ物にもならん・・・。英日も、難しい歴史関係の人物や出来事の単語で出てきても、スラスラと訳せていた。こういう戦争関係の同通をやっていれば、そのくらい知っていて当たり前なのかもしれないが、まだひよっこの私には感動ものだった。っと同時にそういうことも勉強しなくてはいけないんだな、とまた自分の背景知識のなさも痛感した。同時通訳は練習ですらまだやったこと無いけど、耳で聞きながら話して・・・って今の私にはまだ想像もできないのだが、早くそのレベルに達したいな・・。

ところでInterpretation receiverとイヤホンをを初めて使った。イヤホンは内側が空洞になっていて、耳に掛けるようになっている。ほーこういうものなのか。下記URLのEPD-33が使用したもの
http://www.ashida.co.jp/catalog/JAA181102.pdf
頭がいい人、悪い人の話し方
頭がいい人、悪い人の話し方
先日立ち寄った本屋で買ってきた。

愚かに見える色々なタイプの人が
ずらっと書き連ねてある。
具体的にどういったタイプの人かすぐわかる。
またそれぞれタイプの対策方法、
そして自分が当てはまる場合の自覚方法
が書かれている。

基本的には仕事をしている人、
特に男性が第一ターゲットだろうか?
第一章は上司にしぼっているし、
第二章のサブタイトルは「だから女性に嫌われる」だ。

いろいろなタイプを読んでみて
あ~これとこれは私だ~~~。
お、これはだんなだ。
おお、これは、○○ちゃん。
なんて感じでほくそ笑める。

ちなみに私の苦手とする話し方は
「ぐずぐずと話して何を言いたいのかわからない」(第3章より)
昔より少しは聞く耳持つようにはなりましたが、
それでもあれこれ事情や言い訳など長ったらしい前置きされるのは苦手・・。
「相手に空気を察してもらおうとして、すべてを言わないタイプだ。」
(p158 より引用)
うむ。非常~に苦手。(-_-;)
ああ、でも余りに無頓着なのもそりゃ問題だけどねぇ・・・。
かくゆうわたしは、「ケチばかりつける」人だな(笑)

しかし、話し方って大切ですな。知性のあるなしが問われる。
知らず知らずのうちに、私も自分の愚かさを露呈してしまってるのかも・・。
いや話し方ならず、文章の書き方にもいえるな・・。
うーむ、自分の振り返って反省・・・。(^_^;)

ISBN:4569635458 新書 樋口 裕一 PHP研究所 2004/06 ¥750
CNN ENGLISH EXPRESS 継続購読
CNN2005年8月号
EEは定期購読をしている。なかなか毎月全部をじっくり聞いていないんだけど、やっぱりいい教材だから少しでも聞き続けたい。でも苦手なニュースリスニング克服の為にはもっともっと聞き込まなくちゃ・・・・。色々リスニング教材は他にもあるだろうけど、私にはEEが一番よいかなって思う。

丁度1年たつので継続購読の申込みを済ませたのだが、ちょっと色々と手続きに戸惑ってしまいサポートセンターの方の手を煩わせてしまった。
すんません・・・・((+_+))

8月号はで一番気になったのは、強化編のカルロス・ゴーン氏のインタビュー。なかなか手ごわいのよね、ゴーン氏の発音は(笑)。前期のトランスクリプション(ディクテーションの宿題)の一つが彼だったが結構てこずりました。まあネイティブじゃないので。でも通訳の現場って、キレイな英語しゃべる人の通訳ばかりじゃなくて、逆にノンネイティブの通訳のほうが多いともきく。そういうのにも慣れておかないとね。
『悲しき恋歌』 むっちゃいい!
悲しき恋歌
毎週土曜日にフジテレビで放送中の韓国ドラマ
『悲しき恋歌』 いい!いい!(^○^)

相変わらず、オイオイって
思うような無茶や矛盾があるにはあるが、
このドラマは許しちゃう(笑)。

今日はヘインがようやくジュンヨンに気づいてくれた。
2人がしかと抱き合ったときは思わずうるうる。
おお~ シクシク (;_:) よかったのぉ。

このドラマで一番私がすごいなぁって思うのは、
ジュンヨン役のグォン・サンウ。
ヘインが親友と仲良くしているのを見るたびに
流す涙が余りにも痛々しい。
ヘインよりも涙を流しているようでちょっと驚いているが
これも演技力なのかな。すごい。今後も目が話せない。

主題歌もいいよね。雰囲気でてて大好きです。
What a Wonderful World (Meet Joe Blackサントラより)
mettjoeblacksound.jpg
Meet Joe Blackの最後のパーティーシーンで、
Billが娘のSusanとダンスを踊るこの曲。
ここで踊るシーンがあったのを忘れていた。

What a Wonderful World
この曲には思い入れがあるのよね。
私もこの曲で結婚式のラストダンスを
Host dadと踊ったから♪
曲を聴くとそのときの情景が鮮明に思い浮かぶ。

ちなみに私の父とのラストダンスの曲は、
Smoke gets in your eyes
ちょっとしっとり感がつよいかな。
まずは父とこの曲で踊ってから、Host Dadと踊り、
最後は主人とのファーストダンス。
シンデレラのSo This is love
少し明るめでアップテンポ調な感じでした。

ピアニストの知人がピアノを生演奏してくれて、雰囲気もばっちり~。
実は選曲はぱぱっと適当だったんだけど(笑)
何も考えてない割には結構上手く構成されていたかも!

でも始めの父親2人とのダンスは女性陣に非常に好評だったけど、
主人とのダンスにかんしてはノーコメント。
主人は生まれ始めてのダンスで、リードもできなきゃ、リズムもとれん。
ど~考えても笑いしかとってなかったみたい(^_^;)

Meet Joe Black Original Soundtrack
Everywhere Freesia, Walkaway, Meet Joe Black, Peanut Butter Man, Whisper of a Thrill, Cheek to Cheek, Cold Lamb Sandwich, Fifth Ave., Frequent Thing, Death and Taxes, Served Its Purpose, Sorry For Nothing, Mr. Bad News, Let’s Face the Music and Dance, Question, Someone Else, What a Wonderful World, That Next Place, Over the Rainbow/What a Wonderful World
Meet Joe Black / ジョー・ブラックをよろしく
Meet Joe Black
BSで放送中。
確かこれまでにも何回と無くTVで放映されたかな?
これは映画館にも見に行ったけれど、
とても面白かったな。
なんたってBrad Pittのとぼけた演技が楽しい。
そしてAnthony Hopkinsの頭の切れる男っぷり、最高!
何回見てもいいね、この映画。

キーフレーズはやっぱこれだよね。
Nothing is certain but death and taxes.
ふふ。(^_-)-☆

ところで私にはhost brotherが4人いるんだけど、
上の弟がbrad pittに結構似てて(at least in my opinion!)、
このJoe役は特に似ているのだ。
ウィンブルドンテニス2005総集編
相変わらずシャラポアの画像が多すぎるくらいに登場するが
それでもテニスがテレビで放送されるのは嬉しい。
今年のウィンブルドン、私の好きなエナンが初戦敗退だったから
ちょっぴり士気が落ちていたんだけれど、
でもやっぱりテニスの王道ウィンブルドンはいいね。
でもやっぱり、やっぱり・・・シャラポア多すぎ・・・!(-_-;)
優勝者じゃないのになぁ(笑)。
まあdefending championだし、注目度NO.1だから仕方ないけどさ。
リンゼイ・ダベンポートと、キム・クリスターズの2人ってさ、
2人とも体格いいし、もうベテランだし、
なんだかラリーしててもかもし出す雰囲気がすごいって思う。
でも今回女子の決戦で一番すごかったなって思うのは、
決勝ももちろんサドンデス状態ですごかったけど、
準決勝のヴィーナス・ウイリアムズかな。
勢いのあるシャラポアを封じ込めて良い所を一つも出させなかった。

男子のほうは、ロジャー・フェデラーの一人舞台と思えるほど大活躍だったけど、
あの人ってオールマイティにホントどのショットもすごいなって思う。
完全無欠の完璧版ってわけでは無いとは思うけれど、
非の打ち所がないに等しいよなぁって思う。
とある解説者がサーブがまだ改良化だっていってたらしいけど、
ホントかいなぁ~って思っちゃう。

ところでウィンブルドンのおなじみの解説者の坂井利郎プロ。
以前彼のプロクリニックレッスンを受けたことをここにも書いたけれど、
坂井プロの声って何気にちょっといい感じ。
プロクリニックレッスンの時、自分のボールがちょっとそれるなどして
相手に取りにいかせてしまったとき、坂井プロは

   「サンキュゥ~」

っと少々低めの声でキュウ~の方が上がって伸びる感じで言うんだ。
私のだんながそれをよく真似してるんだよね。(^_^;)

一緒にテニスするとだんなのボールが色んな所に行くのはしょっちゅうで、
その度に、「サンキュゥ~!サンキュゥ~!」
っと坂井プロの真似して言うんだ。面白いには面白いんだけど、
サンキュゥ~って言う前に私の所にボール返せや・・・(;一_一)
テスト範囲発表
テスト範囲が発表された。
っとはいってもどの教材かは大体は分かっていたので、
あとはもらったスクリプトのどこまでを確認する程度だったけど。

しかし・・・・・
今回の範囲で非常にいたいのは、トレンド。
financial statement入るんかいな・・・。しんど。

前回見事な撃沈振りを遂げたトランスクリプションも
きちんとやらなくては・・。

あと約2週間、頑張らなくては。
腰痛なんてなってる場合じゃないっちゅうの。
腰痛再開
朝からイマイチ腰の調子が思わしくなかった。
午後から少々ひどくなり、体をそらせたりひねったりすると
微妙な痛みを感じていた・・・。
そのまま夕方にちょっとテニスをしたらますますひどくなった。
打ってるときは忘れていられるが、球拾いがきつかった。
終わった頃には、靴紐を取るのもやっとの思い。
前かがみになれないし、座ってるのもつらい。

ってなわけで、急遽整骨院にいってきた。
少し良くなったかと思ったのだが、
しばらくしたらまたじわんじわんと痛みが出てきた。う・・。
どうしようもないのでともかく寝た・・・。
宮廷女官 チャングムの誓い 集中アンコール放送
宮廷女官チャングムの誓い
木曜日にBSで放送されている韓国ドラマ
『宮廷女官チャングムの誓い』
前半27話が7/11~28に集中アンコール放送。

第一話のみ見逃してしまった私はもちろんのこと、
途中から見始めた主人もこれは見なくては!っと
月曜日からはりきり状態。このドラマ面白いから。

といいつつ初日の月曜日、だんなは仕事にはまってしまい、いきなり録画(笑)。
でも当面は「夜の8時までに帰る!」を目標に仕事を頑張るらしい。
なんだか健気だなぁ。(^○^)

同じく韓国ドラマが結構好きな義妹も、このドラマ好きなそうな。
彼女いわく、このドラマ男性も結構はまるんだって。だんなもこのクチだ。

改めてみると、ちょっと頭こんがらがっていた人間関係とか
歴史の背景が理解できてますます面白い。
英語的に音が取れてるだけじゃ意味が無い
いつも先生に散々言われていることなんだけれども、通訳は英語だけ聞き取れたってな~んも意味がない。どんなに音のひとつひとつ綺麗に聞き取れたって、瞬間的に理解して、メモに残らなくちゃ意味がない。耳だけは良くって英語的に全部聞き取れたって、アウトプットできなきえればぜ~んぜん意味がない。

ってこのワンパラだけで、「意味がない」をもう3回も書いてしまった。タイトル合わせると4回か。(@_@;)でもそれくらい耳にタコが出来るほど先生にはよ~く言われてるのだ。いやもちろん、まずは聞き取る英語力っていうのはあるっていう前提だけどね。(^_^;)

「確固たる聞く力」、ってのはまた違う話で先生はよくいうこと。日英はインプットが母国語の日本語なんだから、出来て当たり前、
っと先生はいう。やっぱり英日が出来なきゃだめよ、って。

そして「この言葉にはこの言葉」っとぱっぱっぱっと当てはめられるようにって。確かにね、分かってれば、アウトプット直ぐ出て来るんだよ。単語力もやっぱり訳出の重要な要素だわ。トレンド頑張らなくちゃ・・・・・・・。ま、専門用語以外にも、やっぱり何気ない言葉も大きいけどね。同じ単語でも、この時はこの訳、あの時はあの訳ってね。
進取の気性(気象)
先日教材ででた言葉、free enterprise
ある人が「自由企業」と訳したら、先生はちょっとずれてると言った。
え、違うの?他に何があるんだろか・・・とみんなちんぷんかんぷん。

enterpriseっていったらまずこれでしょ!?っと先生は続けた。

  しんしゅのきしょう

・・・・ん?新種?のき・・なに? (・_・)?
きしょう?起床?気象?っとボケモードの私・・・。
とりあえずひらがなで書いておいてあとで調べたけどこう書くんだね。
意味もちゃんと調べたよ。先生は先取り精神って説明してた。
しんしゅ 1 【進取】
従来の慣習にこだわらず、進んで新しいことをしようとすること。
 三省堂提供「大辞林 第二版」より

自由企業だという先生もいるかもしれないですけれどね、とも先生はいっていた。
本来の意味がどんどん失われてるって。
きちんとした意味を覚えて上に上がって通訳になってくれって。
言葉って難しいなぁ・・・・・。
slippery slope
先週のJim Lehrerから。
MORNING-AFTER PILL PROTEST
http://www.pbs.org/newshour/bb/health/jan-june05/pill_6-30.html

道徳的、宗教的な理由によりを経口避妊薬の処方箋拒む薬剤師を訴訟から保護する法案が既に4つの州で成立し、その他の11の州でも同様の法案を検討中。多くの女性が避妊の手段を得られないことに憤慨し、抗議運動も起こっている。

論点はピルが中絶を引き起こす可能性があるかどうかであるらしいが、妊娠あくまで受精時であり、着床=妊娠と判断するのはそのピル処方が中絶行為ではないといういい訳であると主張する医師もいる。

うーむ・・・・・。最近医学や科学が余りに発展しどこで線引きをしていいのか非常に難しい事柄が多い。性的暴力も多い国だし、望まない妊娠をする人も多いだろう。結局中絶するようなことになれば、本末転倒。とはいえ闇雲にピルを生産すれば性を軽んじてるとも言いかねない。どこかがが上手く行けばどこかがおかしくなる。

<Words&Phrases>

This is a slippery slope for his profession.

薬剤師という職業にとっては良くないことだ。(副音声訳)
※slippery slope は文字通り滑り安い坂道→危険ということ。

abortifacient:人工妊娠中絶薬
conscientious objection:良心的拒否
morning after pill:モーニングアフターピル
 ※性交後72時間以内に飲まなければならない経口避妊薬
dispense:調剤する、調合する
reproductive rights:性と生殖に関する権利
contraceptives:避妊薬
implantation:着床
fertilized egg:受精卵
blatantly:明らかに
lining of the uterus:子宮の内壁
referral requirement:紹介の
pro-life:妊娠中絶反対の
LONDON EXPLOSIONS
ロンドンで新たな悲劇が起こってしまった。夕方に発生していたらしいが、今さっきたまたままわしたBSでBCCのLIVEニュースを見るまで知らなかった。忌まわしい出来事だ・・・。何故このようなことが起こるのか。ロンドンでは昨日オリンピック開催地に決まって湧き上がったばかりだったのになんということだ。

さて少々現実的な話をするが、ニュースをメインーサブ両方にして聞いていたけれど、同時通訳は当然のごとく素晴らしかった。一緒に聞いていただんなも「・・・・すごいねぇ・・・」と圧巻。LIVEニュースを通訳するなんて想像だけでも大変さを感じて緊張する。私もいつかこんな通訳が出来るようになるだろうか?

イギリスではグレンイーグルズ・サミットが始まり各国の首脳が集まっている。議長でもあるブレア首相がサミットを中座してロンドンに向かったがた、出発の直前に各国の首脳らを後ろに会見をした。右後ろにブッシュ大統領。左後ろにシラク大統領。そして他首相がもっと続いていたが、小泉首相が少なくとも左右3人までの間には見当たらなかった。恐らく一番左端・・・・だった?という主人の情報。

アルカイダ系の組織が犯行を認める声明をウェブサイトに掲載したらしいが、誰が起こした犯行にせよ許せない行為だ。