FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
落ち着こう
また新学期が始まった。今回から同時通訳のクラスだ。どきどきしながら行ったらやけにレベル高くて、汗かきまくりでした。一個下のクラスとのレベル差があまりにありすぎなんですが~みんな上手いよお同時通訳も吹き込んだのだが、久し振りに自分の同通のパフォーマンスを聞いて、もう恥ずかしいのなんのって。ともかく落とさないようにと必死だったのもあるが、あまりに焦りすぎアカン...... 私、逐次の時には割とパフォーマンス褒められるほうなんです。はい、、、、買いかぶっていましたあんなにひどいとは。まあ、言い訳させてもらえるなら、機械相手であまり「聞かせる」ことを意識できていなかったと思います。仕事で同時通訳する時には、聞かせる相手の顔、表情が全部みえているので、もっと聞かせる声やトーンや速度にも気を回せているのではないかと、思っているのですが....。でも、どうなのかなあ。自信なくなってしまいました。今度自分のパフォーマンスチェックしてみよう。でも恥ずかしい思いをしましたが、よい振り返りになりました。それ以来、「安定したデリバリー」をかなり意識することは出来ています。あとは本当に出来ているのか、確認しなくちゃ。
スポンサーサイト



転校
通訳学校の新学期が始まり数種間ですが、今期は長年通った学校ではなく、思い切って別の学校に通っています。厳しいと噂に聞いていたのでかなりびくびくしていたのですが、今のところは授業はかなり予想外に柔らかい雰囲気。今まで通っていた学校のほうが断然に厳しい気がして、ちょっと拍子抜けしていますが、逆に変に気張らずにすみ、勉強を頑張れています。それにまだ今後どうなるかはわからないですしね。

それまで通っていた学校では、あるレベルから進級できずに悶々とした日々を送ってました。正直なところ自分の勉強不足が理由のひとつであり、現状維持が精一杯になっているのも事実でしたが、学校の進級システム自体にも納得がいっておらず、以前も同じように悩んだことがありました。そのときには他の学校の入学試験も受験しましたが、とある一校の試験結果が見るも無惨な結果で、かなりの撃沈ぶり・・・・。わたしが今までやっできた勉強も経験も全否定されたのと同じで、真摯にこれが今の自分の実力だと受け止めることもできず、暫く拒否モードはいってしまいました。で、結局また同じ学校に戻って、また惰性的に通学。

でもまた期の境目を迎え、やはりこのままではまずいと思い、自分に欠けている基礎力を強化するためにもちゃんと勉強しようと思い、今度は前回試験は受けなかった今の学校をトライしてみたのです。別に他の学校に行かずとも勉強をしっかりすることはできたとは思うけど、私は意志が弱いから、環境を変えてみるのが一番かなと思って・・・。I hope it will work out.....
イギリス英語
通訳学校でのディクテーション。ひとつはアメリカ英語、もうひとつはイギリス英語で、それぞれどちらもニュース。ニュースは元々苦手だし、早いからリテンション弱い私にはディクテーションもあまり得意じゃないんだけど、イギリス英語のほうはかなりぼろぼろだった・・・アメリカ英語のニュースよりもかなりスピーディだったとはいえ、答えと見合わせてみたら、もー全然聞き取れてなくってショック。どぉするんですかい、こんなんで、って感じです

私イギリス英語も苦手なんです。これでもだいぶ改善してきたとおもったけど、まったくもってまだまだなんだよね。ドラマとかでもイギリスのものになると、何いってんのかちんぷんかんぷんになることがあるし。イギリスアクセントが少しでも強い人になると、もぉ~フラストレーションたまりっぱなしこれではイカァ~~~ン とりあえずBBCでもつけて耳鍛えねば、とTVつけたら天気予報やってた。う・・、担当おにいさんの英語、イギリスアクセントつよいぃ~~~~何いってんのかわかりゃぁ~~~ん出鼻をくじかれた・・・・
落ち着こうよ(笑)
先日通訳学校のLLで録音した自分のテープを聴いています。
はっきりいって、忙しない

いつも通訳をする上で、私はスピードを結構重視してパフォーマンスするんですが、ちょっと句読点、特に句点の間隔がちょっと無さ過ぎて、駆け足さが目立つ。これは日本語も英語も同じ。そりゃのんびり訳しているわけに行かないのでスピードは必要だけど、ほんとにあとわずか間隔を持たせれば、きっと聞きやすさがアップすると思うので気をつけようっと。

しかもうまく訳せるときはまあ、割とスムーズに進むけれど、ちょっとつまずくと、まるで壊れたレコードのように、言い直しちゃってむちゃくちゃ耳障り こりゃ直さないとだめだぁ~~~。

構文が複雑なものになってくると、てにをはが微妙におかしいし、分かるところになるとスピードが速くなって、微妙なところが遅くなるのも、改善できそうだなぁ。もう少しコンスタントなスピードをもたせたほうが、やっぱり聞き手には聞きやすいだろうし。基本的に同じ質のパフォーマンスを維持することが必要なんだよなぁ。はふぅ。

ただレスポンスは早いのはかな。ただ時折ちょっと急発進しすぎちゃって、ギアがついていかずに、がっくんがっくんってなっちゃうのは、絶対直さないとだけどでもテープが切れると同時に誰よりも先に訳し始めてるし、大体終わるのも早くて、そのあとに他の人がまだ訳してるのが聞こえてくる。時々私の2倍くらいかかってる人がいたりすることもある。ちとそりゃかかりすぎかなぁ。でもそういう人の訳って丁寧なんだよね。私はちょっと雑すぎるところがあるので、見習わないといけないです。
嬉しかったこと
大分更新さぼってました。
いつの間にやらGWも過ぎ、5月も下旬に差し掛かろうとしています。

先日嬉しいことがありました。
通訳学校で、先生に褒められたんです
レスポンスも早いし、日本語も英語もバランスとれてるって。
『頑張って上にあがってください』っと嬉しいお言葉

こりゃぁ頑張らねばと気分急上昇
っと思いきや、次のもう一人の先生にはダメ出しされて急降下

まあまあ・・・そんなもんです。。。
まだまだ改善点なんて挙げて言っていたらきりない。
未熟なのは事実なんですから、更なる努力が必要ですにゃ


単語がヤバイ~
通訳学校のもう一人の先生も、初めての先生でした。ちょっと厳しそうな先生で、教室に入ってきたとたん、なんとなく空気に緊張感が漂いました。ドキドキ感、倍率ドンさらに倍って感じ。(ってか古)でも私にはその位の方が良いので、この緊張感を半分は楽しみながらやれそうな気がします。(うわっ、こんなこと言っちゃって大丈夫かな・・・・

こちらも、英日、日英共にやりましたが、やっぱり私は日英のときの単語力が弱い。まず正しい単語を分かっていないから、適当な英語にしか出来ていないし、無論先生にも注意されました。自分の英語が適当なのは、以前からものすごく分かっていたのですが、久しぶりに痛感しました。今年はボキャブラリーに力をいれよう。

ちなみに毎期恒例のディクテーションやったんですが、やっばいぃ~いっつも、ホントやんなるんですけど、かなり聞き取れてないところ多くて。しかも意味よく把握してないし。はぁ・・・・ため息。以下復習内容。

harness the power of 力を利用する
on behalf of ~のために、~の利益になるように
philanthropy 慈善、慈善活動 社会奉仕事業
channel for 道を開いて運ぶ、導く
Pope Benedict XVI ローマ法王ベネディクト16世
on a collision course with ~との衝突は必至である
effigy 肖像、彫像
blunder 大失敗、大間違い、重大なミス、失態
out and out 徹底した
fan the flame(s) 〔炎・怒りなどを〕煽る、情熱を煽る、
bear fruit 実を結ぶ、成果をもたらす
Back to school again!
今週から通訳学校が始まりました。この2年間は、半年休んで半年週1コースを取るというペースで、かなり勉強モードからは離れていた私。でもそろそろまた真剣に勉強モードに戻らなければ。でも仕事は結構忙しい。ちゃんといけるだろうか・・・・授業料も高いしなぁ・・・・。悩みに悩みぬいた末、今期は久しぶりに週2コースにカムバッ~ク

でもかなり緊張・・・。ドキドキしながら迎えた初日。みんな出来そうな人ばかり。うひゃぁ、私やばいよ、どうしよう でも実力ある人が回りにいたほうが、自分のためにもなるよね。ポジティブ・シンキング、ポジティブ・シンキング・・・と。それに私の性格からして、厳しめの環境はきつくても、そのほうが自分は実力を発揮しやすいことも実はわかっているんだよね。とっても流されやすい性格なので、生ぬるい環境にいればどんどん落ちこぼれていってしまう、かなり意志の弱い人間ナンデス・・・ハイ

というのも、前回取ったクラスでは、先生が甘すぎたんです。その時も半年振りの復学でした。仕事もしていなかったし、実力も落ち込んでいる上に、勉強も全然してなかった。決意のかけらもなかった。そんな状態じゃ、あまり厳しいクラスだとついていけないな、とは思ったけれど、余りの甘さに思い切りリハビリ感覚で授業を受けてしまい、半年間無駄に過ごしてしまいました。ぶっちゃけ、この人が通訳とか、先生とかやっちゃっていいの・・・・って思うほどだったんですよね・・・ 生徒の質問にもきちんと答えられたためしはなく、通訳としての知識レベルを疑ってしまいまし、教材の準備もあまりしていなくて、ちょっとひどかったですね。まぁ、そんな甘ちゃんクラスにさらに甘んじて落ちこぼれ継続してしまった私には文句を言う資格もなかったですけどね。とはいえ、もうこの先生のクラスは取らないぞ、と心に決めましたね。

そんなわけで、今回も先生がどんな人なのかが一番の懸念事項でした。せっかくやる気をだしても先生がNGじゃ、またお金の無駄になってしまうしね。でも一人目の先生はすごく良さそう初めて習う先生だけれど、上のクラスも担当しているベテラン先生で、的確なアドバイスも沢山してくれそうだし、かなりグゥ~(エドはるみ風)軽く各自の自己紹介をしたあとは、早速英日、日英共に教材に入りましたが、すぐに自分の苦手なところを見抜かれました。うひゃぁ~ってか、分かりすぎやろって自分で突っ込んでしまいたくなるほど、私の苦手分野は単なる勉強不足の賜物なんです・・・・って日本語使い方おかしいっちゅうの。

まぁ、ともかく無事初日が終わりました。もう一人の先生がどんな方なのか、どんな授業をされるのかが気になりますが、まずは自分をしっかりもって勉強することだなぁ。出来れば進級もしたいしね

ヘリサート
今日も研修生Lさんの通訳。内容は部品の受入検査について。
担当者が、ねじ穴の検査について説明を始めてくれた。

「このねじ穴のヘリサートに・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・はい?ヘ、ヘリ・・サート?
それは日本語・・?英語・・・??

Lさんのほうがものは良く分かっているので、
"Do you know what ヘリサート(適当に発音)is?と聞いてみると、
"I know helicoil if that's what you are asking." との返事。
"ヘリコイル? How do you spell it?" といってると
「あ、そうです。ヘリコイルともいいます。同じです。」と担当者。

どっちにしても、なんじゃいな。そりゃ
っと口に出したわけでもないのに、
「バネみたいなものなんです」
「It's like a spring」

と二人して教えてくれた。
一体誰のための通訳なんだか

Web辞書で調べてみたけど、単語は出てこなかった。
普通に検索してみたら、ものはでてきたので、
形状やどういう役割をするものかは大体分かった。
でもヘリサートが英語なのか、日本語なのかはまだ不明。

こういうのってホント難しいなぁ。
日本語でもさっぱりちんぷんかんぷんでございます。
品質の説明は特にむずかすぃ・・・・
新学期スタート!
通訳学校の4月期が始まった。いつもだったら休み中はついついだらだらしてしまうのだが、今回は丁度仕事が始まったため、かなりアクセクしていた。仕事に段々慣れてきたところで、新学期スタートとなったのは、タイミング的に良かったかもしれない。

さて、学校は今回進級して初めてのクラス。誰か知っている人がいるかなぁと期待したのだが、誰もいなかった。でも先生は以前一度担任だった方で、私のことも覚えていてくださったので、少し気持ちもほぐれた

今日はNEWSから始まった。ひぃ、いきなり苦手分野。仕事で曲がりなりにも毎日英語は使っているとはいえ、最近ニュース英語なんて全然きぃてないよぉ。時々録画しているジムレーラーを見てはいたけど、全然ちゃんとじゃなくて、流しているくらいで・・。あぁ、ぼろぼろ。でも一番初めに当てられた人はかなりの訳出をだしていた。すごいなぁ。

そして英日の教材。こちらもなかなか厳すぃ~~ しかも区切りが、な、長っ!!冷や汗がどっとでた。このレベルにまでくると逐次だとしても相当な長さだわ・・。前期にすでに進級していた友人から聞いてはいたものの、実際に体験したらびっくりしてしまった。しかも前期のクラスでは、テープの区切りが異様に短かったため、更なるギャップがあったのだ。正直いうと、あまりに短すぎて困っていたのだな・・ 上に上がってもこりゃ苦労するなぁって思ってたけど、予想的中。10倍くらい長いときもあるよ・・ まぁ、そのまた前のクラスと比べれば2倍いくかいかないかってところだけど。でもやっぱり焦っちゃった・・・
継続申し込みの催促が・・・
通訳学校から通知が来た。今まで期限までに申し込んだことなんて実はなかったのだけれど、こんなふうにわざわざ最終連絡送ってくれたことなんてあったかしら?親切だな。もしかして申し込みがあまり来てないとか・・・・?なんてちょっと勘ぐったことを言ってみたりして いやはや失礼。

微妙にどうしようかなぁ・・・なんて迷ったりしたのだけれど、順当に今までどおりの会議通訳コースに申し込むことにしよう。ビジネス通訳とか放送通訳のコースにもちょっと興味は持っていて、そっちに変えて見る事も考えたけど、せっかく進級したし、様子もみたいし。あとは結構並行受講しているひととかもいるんだけど、仕事とも並行になるから、わたしはちょっときついかな。それにテニスもやりたいし・・・・