FC2ブログ
 
かんなののほほんぶろぐ♪ ~ひよっこ通訳の日々~
一人前の通訳者目指して奮闘中のひよっこ通訳がのほほんと綴ります♪
からおけばとん
水玻さんからばとんを受け取りました!
実は私はカラオケ大大大好きで~~す

1.自分は歌がうまいと思いますか?

下手ではない! とはいえるが・・・
上手かと聞かれると・・・
旦那に聞いてみても首かしげてました・・・・笑

2.今まで取った点数(採点機種問わず)で最も高かった得点は?

確か一度異様に高い点数を取った覚えがあるのだが、
あれは夢だったか・・
ちなみに歌ったのは、ポケットビスケットのPOWER。
昔はよぉ歌ってました。

3.得意、またはよく歌う曲は?(5曲)

5曲って難しいな・・・

Fayray: Baby if 
中島美嘉:雪の華 
広瀬香美: ゲレンデがとけるほど恋したい 
MISIA:果てなく続くストーリー
kiroro:ひとつぶの涙 

21世紀に入ってから大分選曲が変わってバラード調が多目かも。
昔はもちょっとアップテンポな曲が多かったような気が。

今現在挑戦したい曲は、
hitomi「GO MY WAY」
倖田來未「恋のつぼみ」
伊藤由奈「Precious」

4.上手いと思う友人は?(5人)

Hさん:プロです!Chicagoの歌はしびれまくり。
Yコさん:スーパーセクシーおねえたま。アイドルから演歌まで幅広。
Yたん:こちらもミラクルセクシーでイケイケ。のりがよい。
Aっち:山崎まさよしとかうっとり。
Kさん:外見からはまったく想像できないが、小田和正などむちゃウマイ。


5.バトンを回す5人

5人といわず、どぉ~とこい!
バトンはいつでも置いておきますので、ご自由に取ってください
ってそれはマイクだ~。

あぁ、最近カラオケいってないなぁ~。
テニスばっかりいってて、カラオケご無沙汰だ。
思い切り歌いたい
スポンサーサイト



クロ / 遊佐未森
C1033974.jpg
何の気なしにTVのチャンネルを回したら
NHKの「みんなのうた」で聞き覚えの有る声が。
この透き通るような高い声は遊佐未森だ。
映されている絵は黒い猫。
私にも黒猫がいるので、なんかきになって
そのままチャンネルを固定して聞いてみた。

遊佐未森さんが実体験に基づいて
黒猫との出会いから別れまでをつづった曲。
ちょっとしんみり切ない。

NHK『みんなのうた』では2005年12月~2006年1月放送予定。



Fayray Live Tour 2004 HOURGLASS -Love At Last-
fayray2004s.jpg
Fayray Live Tour 2004 HOURGLASS -Love At Last-
願い
Look Into My Eyes
好きだなんて言えない
Living With Out You
First Time
樅の木
名前
白い二月
Baby If
愛しても愛し足りない
Tears
口づけ

昨夜SHIBUYA-AXで行われたFayrayのライブに行ってきた。
Fayray COVERS Live House Tour 2005

ずっとFayrayのライブに行きたいと思っていたのだけれど
チケットが取れなかったり、都合がつかなかったりして
今回初めてのライブ。もーFayray最高!!!!

すごく綺麗な人で、むちゃ格好よくて、素敵な歌声で愛を歌う。
憧れでもあり、大好きなアーティスト。
僭越ながら私もカラオケでよく歌ってます、はい!

ライブは立見だったので、ちょとばかり疲れたけれど
Fayrayのライブを堪能したよ。
来年もコンサートツアーやるってさ~。11月には新曲だって!
むっちゃ楽しみだなぁ~。

6月に発売になってた去年のコンサートツアーのDVDも買ってきた(↑)。
ひたすら、イィ!!!大好きな曲も沢山だし。
帰宅してからもひたすらFayrayの歌声にうっとり~♪

☆The Official Website of Fayray http://www.fayray.net/
『もっとふたりで』 ユンナ
もっとふたりで
神奈川県高校野球大会のテーマ曲なので、
TVKをみてると、結構良く耳にする曲なんだけど、
最近のお気に入り。
テンポもよくて、メロディーもすぐ口ずさみたくなる。

saku sakuにもユンナがゲスト出演していたけど
可愛らしいだけじゃなくて、結構積極的っていうか
なんか面白一面を持ち合わせてそうな感じのおんなのこ。
韓国人・・・なんだよな?よくわかってないけど(笑)。

☆ユンナ Official Web Site
http://www.younha.net/
What a Wonderful World (Meet Joe Blackサントラより)
mettjoeblacksound.jpg
Meet Joe Blackの最後のパーティーシーンで、
Billが娘のSusanとダンスを踊るこの曲。
ここで踊るシーンがあったのを忘れていた。

What a Wonderful World
この曲には思い入れがあるのよね。
私もこの曲で結婚式のラストダンスを
Host dadと踊ったから♪
曲を聴くとそのときの情景が鮮明に思い浮かぶ。

ちなみに私の父とのラストダンスの曲は、
Smoke gets in your eyes
ちょっとしっとり感がつよいかな。
まずは父とこの曲で踊ってから、Host Dadと踊り、
最後は主人とのファーストダンス。
シンデレラのSo This is love
少し明るめでアップテンポ調な感じでした。

ピアニストの知人がピアノを生演奏してくれて、雰囲気もばっちり~。
実は選曲はぱぱっと適当だったんだけど(笑)
何も考えてない割には結構上手く構成されていたかも!

でも始めの父親2人とのダンスは女性陣に非常に好評だったけど、
主人とのダンスにかんしてはノーコメント。
主人は生まれ始めてのダンスで、リードもできなきゃ、リズムもとれん。
ど~考えても笑いしかとってなかったみたい(^_^;)

Meet Joe Black Original Soundtrack
Everywhere Freesia, Walkaway, Meet Joe Black, Peanut Butter Man, Whisper of a Thrill, Cheek to Cheek, Cold Lamb Sandwich, Fifth Ave., Frequent Thing, Death and Taxes, Served Its Purpose, Sorry For Nothing, Mr. Bad News, Let’s Face the Music and Dance, Question, Someone Else, What a Wonderful World, That Next Place, Over the Rainbow/What a Wonderful World
NHK新講座:スーパーピアノレッスン
superpianolesson.jpg
今日から始まったNHKの新TV講座。先週だんなのために「英会話入門」のテキストを買いに本屋にいった際にふと目に付いた。

あ~最近ピアノご無沙汰だよなぁ、とパラパラとめくると自分がおさらいしたことがある曲もちらほら。この間もtalaさんのぶろぐを読んで、ピアノ再開しようかなと思っていた矢先だし、早速テキスト購入、今日から番組を見始めた。

モーツアルトってなんとなく堅苦しくてレッスンを受けていたときはあまり好きじゃなかった。ショパンやベートーベンのが情熱というイメージであれば、モーツァルトは練習曲のようなイメージだからだ。しかし弾くとなると難しい。精巧ともいえるほど正確だから。要はちょっととっつきにくい。上級者向けってイメージもある。もちろんソナチネみたいな初級者が弾けるのもあるけど。でもやっぱり練習曲だよなぁ。

番組では7名の受講生がいて、今日は日本人の少女が「ピアノ・ソナタ ニ長調 K.311」のレッスンを受けていた。余談だが、少女とはいっても20代前半見えるような大人っぽさだったw。彼女は楽譜の通りの指使いをしてないところが多々あり指摘を受けていた。あとはスタッカートになっていないところがはねすぎたり、音符が多くなると駆け足になりがちになっていて、常に「正確に」「楽譜の通りに」と言われていた。
んー難しいー。

私には彼女のような技術はないけれど、もし今もピアノを弾いていたら、きっと同じ様な指摘をうけているだろう。モーツアルトはホントに難しい。
スーパーピアノレッスン~モーツァルト~
毎週火曜 教育TV 
午後7時25~7時50分 全17回
http://www.nhk.or.jp/spring/34.htm

PS:しかし昔々に「ピアノのおけいこ」などを見ていたが、
  当時に比べてずいぶんテキストが立派になったなぁww
AR
talaさんの趣味(っというか趣味の域を超えてますが!)がピアノとは知りませんでした。私も実はピアノは15年レッスン受けましたが、今は・・・・聞くも無残な有様です・・・。

数年前に自宅にエレピ購入したんですが、こちらも最近弾いてません。まずいですね。絶対音感も狂いまくりです。ちなみに私はYAMAHA派ですが、talaさんはカワイ派ですか?

ところで、RAって何ですか?今までの日記で説明してたらごめんなさい、教えてもらえますか?

-----
早速お返事ありがとうございます。
ですが・・・・ ARってなんでしょう?
どっちにしても分からない私(苦笑)
ごめんなさい!

何か一般的な用語なんだろうか・・・とアルク英辞郎を調べました。

AR
【略-1】 =acid resisting 反射防止
【略-2】 =acknowledgment of receipt 受領通知
【略-3】 =active resistance 積極的抵抗
【略-4】 =advice of receipt 受信通知、受取通知
【略-5】 =Aerolineas Argentinas アルゼンチン航空
【略-6】 =air regulator 空気レギュレータ
【略-7】 =aircraft rocket 航空機搭載ロケット
【略-8】 =all risks 全危険担保
【略-9】 =allergic rhinitis アレルギー性鼻炎
【略-10】 =analytical reagent 分析用試薬
【略-11】 =annual return 年間純益、年間所得、年間収入、年収、年間売上高、年次報告書
【略-12】 =antireflection 反射防止
【略-13】 =aortic regurgitation 大動脈弁閉鎖不全(症)、大動脈弁逆流 
【略-14】 =Arkansas アーカンソー州
【略-15】 =as required 必要数、要求に応じ、要求事項として
【略-16】 =assisted respiration 補助呼吸(法)
【略-17】 =atrophic rhinitis of swine 豚(伝染性)萎縮性鼻炎
【略-18】 =attributable risk 寄与危険度
【略-19】 =autonomous region 自治区、自律区域、自治州
【略-20】 =autonomous republic 自治共和国

いやはや、ARだけでこれだけのものがあるとは驚きました。
しかしどれもこれも、学術とも音楽とも無縁のものばかりなんですが、
この中にはありませんよね・・・・?いやあるわけぬわい(笑)。
なんだろう?associate.... resident...?
いやそれなら逆ですよね。resident associateですものね。
あれ?やっぱりRA?いや、resident associate...だと変か。
じゃあresearch associate?あ、違う。ARか。んーんー。
あ~昨日はきになって眠れませんでした(嘘)
すみません、このアホな私にARが何であるか説明お願いできますか?

-------------------------------------------------------
ARについてご説明ありがとうございます!
一番初めの"all risks" には一瞬マジで騙されて焦りましたw

Associate Diploma なんですかー。
カナダにもピアノのグレードっていうのがあるんですね。
一つ勉強になりました。

ARのRがわかったら、また教えてください~!

それからディナーパーティでの演奏、まだ決まったわけではないみたいですけど、
演奏することになったら楽しみですね~。
ドレスは、そちらだったら色々素敵なのが安価でありそうですが、
確かにピアノ演奏を考えると探すのは手間取りそうですね。
いいのが見つかるとよいですね。

私もいつか機会があったらtalaさんの演奏を是非聴いてみたいです♪
ファンタスティポ
今お気に入りの曲。
国分太一と堂本剛のコラボレーション
トラジ・ハイジのこの曲。

はじめだんなが気に入ってよく聴いていたんだけれど
私もかなり影響されてきた。

でも何が一番好きって振り付けなのだ。
サビの部分はとりあえず大体覚えますただ。
ピアノパラリンピック
障害を持つ人々による国際ピアノフェスティバルが、今月9日、10日に世界で始めて日本で開催された。世界各国から参加者が集まり、8日には前夜祭が行われた。

NHKのニュースで取材模様を放送していたがその人の障害にあわせた工夫した弾き方、表現方法、演奏があるということを、主催者の人や、参加者が話していた。その辺りが見所、聞き所でもあったそうだ。

右手が麻痺して親指と人差し指しか動かせない少女は、ピアノを始めた頃、他の子どもが半年でおわる所、3年かかったときいて、並大抵ではない想像を超える苦労の程が伺えた。しかし指使いの工夫をしたりして、少しづつ演奏の幅を広げてきたらしい。

知的障害があるひとは、楽譜を読むのが苦手で、そのうち耳で聞いたものを弾くようになったとのこと。自然に耳コピをしているなんてすごい。

長年ピアノを弾いてきて、初めて大舞台に立つという人も少なくないらしい。障害があってもピアノの演奏が出来る、楽しめる。そして、ピアノパラリンピックはそういった人々に演奏する場を与えることとなった。

世界には、障害などもろともしない、非常に高い技術を兼ね備えたピアニストが多くいる。最近の日本では、ショパン国際ピアノコンクールに出場し、特別賞を与えられた盲目のピアニスト梯剛之氏など、ドキュメンタリーでも放送され、有名である。

もちろん梯氏のような大きな功績を残すピアニストは障害の有無に関わらず少数だ。障害があると弾けないと思われがちなピアノの演奏を、ただただ真に楽しむことが出来るのであれば、それだけで素晴らしい。自身の能力を最大限に生かして、心に溢れる豊かな思いをピアノを通じて表現している方々の演奏は、聴衆の感動を奮い起こすことは間違いないだろう。ピアノパラリンピックが来年以降も今以上に発展していくことを強く願う。

ピアノは88鍵7オクターブ1/4という広範囲な音を奏でることが出来る楽器だ。健常者も障害者も含め、これからもより多くの人が鍵盤を弾く楽しさを知ってほしいと、私もピアノを少々かじったものとして心より思う。

お勧めのCountry: The Way I Am / Martina McBride
The Way I Am

調子にのってもう一人女性カントリーミュージシャンを紹介しちゃいます!Martina McBrideも最高です!このアルバムではMy Baby Loves Meがヒットしました。
My baby loves me just the way that I am~♪

He thinks I’m pretty♪
He thinks I’m smart♪
He likes my nerve and he loves my heart♪
そのままの自分を好きでいてくれる男性っていいよね。

(しかし久しぶりにCountryかけると、曲が妙に短いな・・笑)

レビューでみたら、あたりまえだけど色々CDでてるみたいだなぁ。初めて知ったけど、この間レビューしたRunnaway Bride(プリティ・ブライド)のサントラにもMartina McBride入っていたんだぁ。今度買って来よう。